Sermons

[41-8] < マルコ 4:10-20 > 良い地とはどのような心なのか



< マルコ 4:10-20 >

さて、イエスだけになったとき、いつもつき従っている人たちが、十二弟子とともに、これらのたとえのことを尋ねた。そこで、イエスは言われた。「あなたがたには、神の国の奥義が知らされているが、ほかの人たちには、すべてがたとえで言われるのです。それは、『彼らは確かに見るには見るがわからず、聞くには聞くが悟らず、悔い改めて赦されることのないため。』です。」そして彼らにこう言われた。「このたとえがわからないのですか。そんなことで、いったいどうしてたとえの理解ができましょう。種蒔く人は、みことばを蒔くのです。みことばが道ばたに蒔かれるとは、こういう人たちのことです――みことばを聞くと、すぐサタンが来て、彼らに蒔かれたみことばを持ち去ってしまうのです。同じように、岩地に蒔かれるとは、こういう人たちのことです――みことばを聞くと、すぐに喜んで受けるが、根を張らないで、ただしばらく続くだけです。それで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます。もう一つの、いばらの中に種を蒔かれるとは、こういう人たちのことです――みことばを聞いてはいるが、世の心づかいや、富の惑わし、その他いろいろな欲望がはいり込んで、みことばをふさぐので、実を結びません。良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。」



今日の聖書の朗読は、種まきのたとえを説明しています。私たちの主イエスは周りに多くの人々がいたときにこのたとえ話を語り、他のすべての人々が去った後、彼は弟子たちにこのたとえ話を詳細に説明しました。イエスはこのたとえを通して、どんな真理を私たちに明らかにしたかったのでしょうか。

主の言葉には、種が蒔かれた4種類のフィールドが表示されます。道端のフィールド、石の地のフィールド、いばらのフィールド、善の地のフィールドです。そしてこれらすべての分野は人の心を意味します。

まず、道端で畑に落ちた種はどうなるのでしょうか。鳥はいつでも一緒に来て、ここに落ちる種を簡単にむさぼり食うことができます。なぜなら、種は地球で深く覆われていないからです。このように、人の心が神の言葉を心に深く受け入れることができないとき、サタンはいつでも来て、神が彼に植えたその言葉を奪うことができます。

第二に、石の多い地面に落ちた種子はどうなりますか?これらの種子は、最初は地面に根付きますが、硬い石のために、根は地面に深く入り込むことができず、枯れてしまいます。これは、初めに神の言葉を喜んで受け入れ、しばらく続くが、これらの硬い石のような困難な苦難や迫害に直面した直後につまずくような心を意味します。

植えられた第三の種はとげのある畑にあり、それは神の言葉を聞いても実を結ぶことができないが、この世の心配のように肉欲で正しく言葉を信じることができないような心を意味しますそして物質的な富の誘惑がやって来ます。

最後に、私たちの主も良い地位について語られました。これは、誠実な信仰を持つ人々に主が語られた非常に重要なたとえであり、水と御霊の福音についての言葉を聞くとき、あなたと私は常にこの言葉を覚えておかなければなりません。



道端に落ちる種は霊的なものを失うことを意味します


道端で野原のような心を持つクリスチャンを簡単に見つけることができます。彼らは神のしもべを通して聞いても神の言葉を信じないので、サタンが来て、神の言葉をすぐに食い尽くします。では、神の忠実な僕が神の言葉を目撃したとき、どうしたらよいでしょうか。みことばを聞いて証ししなければなりません。それが神の記録された真理のことばと一致していると思う場合は、すぐにそれを受け入れて信じなければなりません。あなたはこの救いの真理を心の中で完全に信じ、最終的にそれを自分のものにして、この命の言葉をサタンに失わないようにする必要があります。

しかし、「本当に神のみことばだと思いますが、牧師の教えに合わないので、もっと考えなければならない」や「間違いなく神のみことばですが、神のしもべが目撃したことは記録されている神の言葉と一致していることを彼は認めていたとしても、聖書をもう少し調べた後でそれを信じてください。その時、サタンがあなたのところに来て、あなたの心に疑いを植え付けます、「いいえ、それは真実ではありません。何を言っている?すべての主流のキリスト教が間違っているということですか?それは間違いです。そのように信じてはいけません。あなたはひどい問題に直面するでしょう!」そして、サタンにだまされた人々は神のみことばを自分のものにすることができず、最終的には貴重なみことばを失うことになります。

ですから、あなたが神のことばに出会ったとき、心を開き、それを信仰によって聞く必要があります。それは、みことばを耳で聞いて、心の中でこのことばを信じなければならないということです。サタンは、主が説教している水と御霊の福音を信じないようにする機会を求めて常にうろついています。

私たちの主はこの明確な真理を私たちに語ってくださいました。この真理は、水と御霊の福音によって、主があなたと私をすべての罪から完全に救われたという事実です。真理である水と御霊の福音の言葉を聞くとき、それが真の福音であるかどうかを心の中で検証するプロセスを最初に行わなければなりません。私たちはそれを主の言葉で調べ、「本当の福音はどれですか。私は本当にこの水と御霊の福音を信じて、世の罪から救いを受けることができる人なのでしょうか?あるいは、この水と御霊の福音を信じていなくても、救いを受けることができますか?神の臨在の前に私は本当にどんな人なのですか?」そして、水と御霊の福音が真実であると私たちが考えるようになったなら、私はもうためらうことなく、それを私の心に受け入れてはなりません。

水と御霊である御霊の福音を信じようとするとき、神の言葉に基づくこの福音をもっと信じなければなりません。神の言葉の真実を学ぶことを目指す私たちの誠実な心は、今日の聖書箇所に現れる良い土台になります。私たちの心に良い土台が培われたとき、私たちは神の言葉を聞き、心にしっかりと確信があり、それをサタンに失うことなく、神が与えたい真理を明確に理解することができます。

水と御霊の福音を信じた後も、神のことばを絶えず学び、このことばに頼りたいという信仰の態度が必要です。水と御霊の福音をすでに信じているからといって、神の言葉はもう必要なく、神の言葉から離れると思ったらどうなるでしょうか。神の言葉に信仰の根がしっかり植えられていない、水と御霊の福音を単純に理解して霊的な生活を送っただけの場合、石に落ちたために正しく定着しなかった種のようにどうなるでしょうか。接地?間違いなく、私たちは人生よりも貴重な神の言葉を信じる信仰を失うでしょう。

なぜこんな感じ?

それが神の言葉に記録されているように、私たちの霊的生活をリードしながら、困難が私たちにやって来ます。主を追いかけて進んで行く苦難、迫害、誘惑、敵がやってくるのです。私たちはそのような困難を克服することができず、そのような状況に直面すると、最終的に神を離れます。特に、私たちにみことばへの信仰と深い知識がなければ、特に真実です。その結果、神の義を信じる信仰を失うことになります。主はそのような人々を石の多い地面や道端の野原のような人々と呼びました。あなたも私もそのような人になってはいけません。そして、そのような心のある人にも気をつけて、慎重にならなければなりません。

あなたと私は今、水と御霊の福音を知っていると信じていますが、この世界にはまだ水と御霊の福音を知らない人がまだたくさんいます。そのような人々に水と御霊の福音を正しく伝えるために、主が語られたみことばをより深く刻み込まなければなりません。あなたと私は、ルーツが私たちの心の奥深くまで広がった信仰の人々になる必要があります。神の言葉を通して、私たちは自分の罪深い性質、神の義、神の裁きについて深く理解して信じなければなりません(ヨハネ16:8-11)。私たち人間が神の臨在の前にどんな罪人であったか、神が罪人を水と御霊の福音の中で深く深く愛された方法、そして神が罪人である私たちを世のすべての罪から救われた方法水と御霊の福音は、私たちを神の完全な子供とし、これを世界中の人々に正しく伝えました。

もともと人間は生まれながらの罪人だったので、この世のすべての人々は、主から与えられた水と御霊の福音を信じて心の罪の赦しを受けなければなりません。神の臨在の前に水と御霊のこの福音を信じなければ、私たちは自分の罪と一緒に暮らし、それらの罪の裁きを受けることはできません。水と御霊の福音を信じる人だけが罪の赦しを受け、神の完全な子供となり、主から永遠の祝福を受けることができます。したがって、あなたと私は神の意志を学び、それを私たちの人生に適用し、水と御霊の福音の中で謙虚な心を持って信仰に従って従わなければなりません。そしてこの信仰によって、私たちは私たちをつまずかせる悪魔と戦い、悪魔から、そして嘘を信じることから来る偽りの信仰を克服しなければなりません。水と御霊の福音が唯一の真理であると記録し、この言葉のみを信じる信仰をもって主に従うことだけを記録する神の言葉の前に身を低くしなければなりません。さらに、私たちはこの神の言葉に従って、「正しいことは正しい」「間違っていることは間違っている」と大胆に認める方法を知っている信者にもならなければなりません。聖書は、そのような信者を「高貴な性格のもの」(使徒17:11)と称しています。

水と御霊の福音を信じるあなたと私は、神のみことばを握り、このみことばを推進力として主に従うことによって、この信仰をさらに手ごわくする必要があります。それは、私たちがこの福音を知るようになったからといって、神の御心と真理を理解し、神に忠実に従うことができないからです。神のことばに依存しない信仰は、まだ幼児的な信仰であり、成熟した信仰ではありません。それでも乳幼児の信仰があり、そのような信仰でさまざまな困難に直面している場合は、これらの時代に信仰と神のことばをより明確に理解する知識が必要であることを知っている必要があります。信仰が正しく根付いていれば、最終的には霊的に陥るしかない。これがあなたと私が私たちの信仰と神の言葉を理解する知識を増やさなければならない理由です。



とげのある地面に落ちた種子


とげのある地のような心を持つ人は、この世の悩みや物質的な富や肉欲の誘惑が心に響き、信じる信仰を封じられて神の言葉を信じていても実を結ぶことができない人たちです神の言葉で。つまり、世の中が気になりすぎて、主のことばをきちんと信じられなかったということです。そのような人々は神の言葉を聞いてそれを信じますが、その言葉を正しく信じることはできません。なぜなら、彼らは世界に心を向けており、人生について非常に多くの心配を抱えているからです。世界に向けられた曇りの心のために、彼らは神の言葉を正しく受け入れることができず、また主を忠実に握ることもできません。

もちろん、肉の人間は不完全な存在なので、神の言葉を信じる信仰があっても、肉の貪欲が現れ、この信仰と戦います。そのような肉欲が私たちの内側に来ると、私たちは考え始めます。「なぜ、この水と御霊の福音を知っている人が多くないのですか。この世に存在する多くの人々が水と御霊の福音を知らないということですか?私が水と御霊の福音を信じているごく少数の人々の中にいるということですか?もしそうなら、私はこの水と御霊の福音を信じず、異端者とさえ呼ばれる人々に迫害されます。それは私にとっては損失となるでしょうね?」しかし、これは正しい信仰ではありません。主はそのような心をとげのある野と呼び、良い地ではありませんでした。 「水と御霊の福音を信じるなら、どうしたらこの世に生きられますか?」と思うので、あなたは神の言葉から遠ざかると、とげのある野原のような状態にいます。この水と御霊の真の福音を信じていれば、他の人々との関係は壊れないでしょうか?この信仰のせいで恐ろしいことが起こったので、この世界に住んでいる間に肉体的に損失を被る可能性はありますか?この水と御霊の福音の言葉は真理のようですが、信じていればなんらかの損失を被ることはないでしょうか?」これが起こると、そのような人は神の言葉を心に受け入れることができない状態に陥ります。

とげのある野原、石の多い地、道端の野原のようなこれらの心は、純粋に神の言葉を聞いたときとまったく同じように神の言葉を受け入れることはできませんが、それを理論として受け入れるだけです。特にとげのある地は、心に水と御霊の福音を受け入れても、この福音を通して学ぶことはもうないと思う心です。世界には、水と御霊の福音を信じていますが、肉体的な繁栄だけに関心がある人がいます。この言葉は、心がとげがあるような人々に当てはまります。神のみことばをしっかりと信じる信仰がないため、罪からの救いを受けることができません。彼らは他の人と同じように神のみことばを聞いていますが、神のみことばを聞くだけで、心の中のみことばをしっかりと握っていないため、罪から完全に脱出し、救いを受けることはできません。

世界の罪からあなたを救ってくださった主を信じたいなら、少なくとも主の義である水と御霊の福音を信じて、心の中で罪の赦しを受けなければなりません。彼についていく。そして、あなたがすでに彼を信じているとしても、あなたは高慢になることはできませんが、代わりに、あなたは神の言葉を通してあなたの罪の赦しを受けたという事実を継続的に再確認しなければなりません。それは、水と聖霊の福音への信仰なくして、この信仰について確固たる信念を持って主を忠実に守ることができないからです。

さらに、忠実に主に従うためには、あなたと私は、この世界のいかなるものも神への信仰なしに干渉することを許さず、むしろそれを捨て去るという確固たる決意を持たなければなりません。イエスがペテロと弟のアンドリューに「わたしに従ってください。私はあなたを人の漁師にします」(マタイ4:19)と言われたとき、彼らは二人とも網を離れてイエスに従いました。漁師だった二人にとって、ネットは生計に直結する非常に貴重なものでしたが、イエスが自分のネットよりも価値のあるものを持っていると確信していたため、ネットを離れました。親愛なる仲間の信者の皆さん、あなたもこのようでなければなりません。家族や私たちが持っている最も価値のあるものを失ったとしても、水と御霊の福音を信じる生まれ変わった私たちは、主の心の中心へと続く決心をしなければなりません。

生まれ変わった信者の中には、次のように考える人もいます。「私は罪の赦しを受けて、いかなる損失もなく、主の義を信じることによって天国に行きます。私はただ主を信じ、すべての良いものを受け取り、祝福のみを受け取り、肉体的な損失を被ることなくこのように幸福に天国に行きます。」そのような人々は主の王国にふさわしくありません。こういう人の心は、みことばが根づいていない状態です。一瞬でも真理の福音を持っていても、結局それを失い、霊的につまずいて真理のことばを捨てるのです。



あなたは良い地面に種をまく労働者になる必要があります


主は私たちに、道端の畑、石だらけの地、とげのある地などのような畑に種をまかないように言われました。では、神の臨在の前に私たちはどんな人でなければなりませんか?今日の聖書箇所の良い地のように、私たちは良い地のような心を持つ人になる必要があります。ご存知のように、この世界の良い土台とは、農家によってすべての石が取り除かれた畑のことです。そして、農夫はこれらの種子を良い土で覆い、風が強く吹いてもこれらの種子が吹き飛ばされないようにしました。私たちがそれを霊的に解釈するとき、それは誰かの心が神の言葉を聞くことによって完全に準備されなければならないことを意味します。

孔子は、朝の道がわかれば、夕方に死んだとしても後悔はしないと語った。これは、罪人が天国への道を理解し実現できれば、この世の事柄に貪欲がなく、この世のすべてのものを失ったとしても問題にならないということです。私たちはまた、神のことを貴重なものと考える人になる必要があり、この世のものに固執してはなりません。このような人だけが良い土地に種を蒔かれ、貴重な果実を収穫することができます。このような人だけが真に罪から救いを受け、神のみことばを心に受け入れて神の国に入ることができます。

前に説明したように、厄介な根拠は、物質的な富について懸念と貪欲を持っている人を意味します。そして石の地は、彼の信仰の根が深く根付いていないので、霊的につまずく人を意味します。道端の畑とは、サタンがやって来て、彼に与えられたみことばをむさぼり食う人のことです。私たちの心に種を蒔く人、すなわちみことばを蒔く人は人の子であり、この人の子はこのイエス・キリストです。イエス・キリストは神の御子として、また私たちを救うために私たちの救い主としてこの世に来られた主です。神のみことばを知っていて、みことばを心に受け入れた人は、主を通して救われますが、そうでない人は救いを受けることができません。今日、イエスはこの種まきのたとえを通してこの真理を私たちに教えたいと思っています。

イエスは弟子たちに、そしてあなたと私に天国に属する真理について詳細に語られました。主は、良い地面に種をまく人は30倍、60倍、100倍以上の実を刈り取り、良い地面になるためには、私たちが聞いたときに利益と損失を計算してはならないと言った神の言葉は、それを私たちの心の中で純粋に受け入れてください。

水と御霊の福音を信じて罪をすべて赦された人は、みことばを信じない人とはまったく異なります。彼らは神の言葉を適切に信じ、それに従う心を持っています。水と御霊の福音のように信仰が純粋でなければ、罪からの救いを受けることはできません。水と御霊の福音によってもたらされた神の言葉を理解できなければ、あなたも私も何もありません。私たちが神を正しく信じ、救いを受けるためには、まず福音を知り、神のみことばを正しく説教する神の僕たちから、正しい神のみことばを聞く必要があります。あなたが会う説教者がこのように神の言葉を説教しているかどうかを確認してください。そして、説教者が水と御霊、神のみことばの福音を、個人的な利益を求めることなく正確に説教するなら、あなたはすぐにそれを心の中で信じなければなりません。

神のみことばを宗教的に理解しようとするだけでなく、それを知識の問題として受け入れてはなりません。そのような人は石の多い地面や道端の畑のようなものです。主の言葉を信じて心の中で真の救いを受けたいのであれば、水と御霊の福音をしっかりと理解して、貴重な実りを得たい場合は、絶対に知っておく必要があります。そうして初めて、私たちは神を私たちの真の救い主として知り、信じることができます。あなたと私は、信仰の民となるために、水と御霊の福音を通して神のみことばを知り、信じることによって、みことばに関する正しい知識を備えていなければなりません。私たちは主の言葉を続け、水と御霊の福音の知識に基づいて、信仰によって心に深く根付かなければなりません。

それは聖書に書かれています、「御言葉は肉と私たちの間に住まわれました」(ヨハネ1:14)。このみことばのように、ただ神のみことばを知るだけでなく、実際の体験を通して、みことばを心の中に固める必要があります。私たちはこの世界に住んでいる間、絶えずそれを学び、それを私たちの生活に適用することによって、神の言葉を常に認めなければなりません。



水と御霊の福音を信じる人になる


イエス・キリストと霊的に一致し、イエスと一体になるために何をしなければなりませんか?主に喜ばれる信仰の犠牲をささげなければなりません。旧約聖書の人々は、いけにえのささげ物の頭に手を置き、それをいけにえとしてささげ、そのいけにえの肉を燃やすという方法で、この犠牲を神にささげました。これは焦げたいけにえと呼ばれ、神様はそのような信仰の犠牲を受け入れてくださったのです。

しかし、この焼けた供え物が本当に重要だったのは、この犠牲が「神が私たちをイエス・キリストに救うことを決定した救いの計画」であったからです。言い換えれば、旧約聖書の犠牲は未来のイエスの影であったということです。神は私たちを救うために御子イエス・キリストをこの世に送られました、そしてこのイエスはバプテスマのヨハネのバプテスマによって私たち自身にすべての罪を負い、十字架で死に、そして死からよみがえられることによって私たちを救われました。そして、私が以前に言ったように、主によるそのような救いのすべてのミニストリーは、旧約聖書で神に提供された犠牲を通して預言されました。

旧約聖書の犠牲についての言葉は、レビ記の章16に詳しく記録されています。この言葉を通して、神に捧げられたこれらの犠牲が旧約聖書でどのように成就されたかを見ていきます。そのとき、贖罪の日の犠牲を担当した人は大祭司と呼ばれ、彼が聖所に入るには自分の罪と家族の罪の赦しを受けるために、最初に彼の体をきれいに洗い、大祭司の麻布と聖なる衣を着なさい。そして、雄牛をいけにえのささげ物としてささげることによって、自分の罪と家族の罪の贖いの犠牲をささげました。彼は、いけにえの献血と燃える線香の血で聖所に行く方法でこれをしなければなりませんでした。そして彼は雄牛の血の一部を取り、東側の慈悲の座席に彼の指でそれを振りかける必要がありました。そして慈悲の席の前で彼は彼の指で7回血のいくらかをまき散らさなければなりませんでした。彼の罪と家族の罪を消し去るために、彼は罪をいけにえのいけにえの上に渡し、それを神にささげなければなりませんでした。本来罪を犯した者は死ぬはずでしたが、雄牛が手置きを受けて代わりに死んだ時、神はこの犠牲を承認し、代わりに雄牛から人間の罪の賃金を受け取りました。

また、大祭司はイスラエル人の罪をすべて消し去るために、贖罪の日のためにいけにえの供え物として2頭の山羊を用意しました。彼らは、大祭司が神の臨在の前に1頭の山羊を、もう1頭を人々の前にささげたとき、罪の赦しを受けました。大祭司は最初の山羊を取り、雄牛をささげる方法と同じようにそれを焦げた供物としてささげました。彼は山羊の頭に手を置いてその喉を切り、血を引きました。贖罪の日にレビ記に記された犠牲のシステムによれば、大祭司は次に香をつけ、最も聖なる場所の慈悲の席に山羊の血を振りかけました。それから彼は出て来て、イスラエルのすべての人々の罪を消し去る実際の儀式を始めました。

それから彼は二番目の山羊を連れ出し、すべての民の前でその頭に手を置き、イスラエル人の罪をすべて身代わり山羊に渡しました。罪をスケープゴートに移した後、彼は山羊を指定された人に手渡し、遠くの砂漠に置き、そこに置きました。砂漠に水も草も残されずに残されたスケープゴートは、イスラエル人の罪をすべて抱えてしばらく歩き回った後、やがて亡くなりました。イスラエル人全体の1年間の罪は、大祭司がこのような焼けたいけにえの犠牲をささげるというような方法によって、完全にいけにえのささげ物に移されました。

私は、旧約時代のこのいくらか複雑な犠牲の犠牲の方法をあなたに言いました。旧約聖書の贖いの日の犠牲は、私たちが今信じている水と御霊の福音と同じです。神は旧約時代の贖いの日の犠牲を通してイスラエル人の罪の1年分の価値を消し去り、同様に神はこの世界に来たイエス・キリストを受け入れることによって新約時代の永遠に私たちのすべての罪の赦しを与えました神の小羊としての人間の肉。神は、ヘブル書9章11-12節でこのように述べられています、「しかし、キリストは来るべき良い事柄の大祭司として来られました。この作成ではありません。山羊や子牛の血ではなく、自分の血で永遠の贖いを得て、神聖な場所に一度入りました。」ヘブライ10章はまた、贖いの日の犠牲はこれから来る良いものの陰、つまりイエス・キリストによる罪のための永遠の犠牲であると述べています。それで聖書は、「それによって、私たちはイエス・キリストのからだの献げ物を通して、一度聖別されたでしょう」と述べています(ヘブル10:10)。

この世に来てあなたと私を罪から救われたイエス様は、旧約で誕生から預言されました。イザヤ7:14をご覧ください。 「それゆえ、主ご自身があなたに印を与えるでしょう。見よ、処女は子を妊娠し、産み、そしてその名をインマヌエルと呼ぶでしょう。」神の定められた救いに従ってこのようにこの世に来られたイエスは、バプテスマのヨハネからバプテスマを受けて世の罪をすべて負い、旧約聖書のいけにえのささげ物が受けたのと同じように十字架で死なれた手を置くことによる罪。

イエスがバプテスマを受けたとき、神の御声が聞こえ、「これは私の愛する息子であり、私はこの上なく喜んでいます」(マタイ3:17)と言われました。この言葉は、「バプテスマのヨハネからバプテスマを受けたばかりの人は私の息子であり、私の息子はあなたのすべての罪を一度に引き継いだことを意味しています。そして、私の息子はあなたの罪を運んで十字架に行き、彼の血を流し、十字架で死にます。それから彼は死から復活し、再び生き返ります。私の息子はあなたを完全に救いました。」世界のすべての罪は、バプテスマのヨハネのバプテスマによってイエスの上に移すことができました。イエスにバプテスマを授けたバプテスマのヨハネはこのことを知っていたので、「見よ!世界の罪を取り除く神の小羊!」 (ヨハネ1:29)

はい!私たちの主は、全人類の代表であり大祭司アロンの子孫の一人であるバプテスマのヨハネからバプテスマを受けて、世の罪をすべて一度に自分自身に負わされました。主がバプテスマのヨハネからバプテスマを受け、主はこれらの罪をすべてこのようにイエスの上に運び、十字架にかけられたとき、すべての罪はイエスの上に移されました。主が十字架で死ぬ直前に、主は「それは終わりました!」と言われました。彼は何を終えましたか?それは、主がバプテスマを通して私たちの罪をご自身に負わせ、私たちの代わりにそれらの罪のために水と血を十字架に流し、死からよみがえらせて救い主となるというすべての約束を果たされたことを意味します。

イエスは私たちの代わりに、水と御霊の福音によって罪のすべての給料を完全に支払われたので、神は言われました、「これらの赦しがあるところで、もはや罪の申し出はありません」(ヘブライ10:18) 。あなたと私はこの言葉を完全に理解しなければなりません。私たちは今、律法を守ることによって完全に正義の民になることを試みるのではなく、その律法を通して私たちの罪と私たちの罪深い性質を悟り、神の臨在の前に私たちがどのような人であるかを知ってください。私たちはまず、神の律法を通して私たちが誰であるかを理解し、イエス・キリストが私たちのために何をしてくださったか、そして私たちがイエスを信じているときにどれだけ私たちを愛してくださるかを知る必要があると言います。

私たちは初めに彼が犯した罪のアダムのために罪人として生まれましたが、書かれているように、すべての人類のなだめとしてのイエスの従順のために、私たちは再び義人になりました。罪人を作ったので、一人の人間の従順によっても、多くの人が義とされます」(ローマ5:19)。それは、イエス・キリストを真の救い主として信じるなら、二度と罪人にならないということです。私たちの罪はすべてイエス・キリストに移されたので、私たちはもはや罪人ではありません。すべての罪からあなたを救った救いの深さを正しく理解し、それを適切に信じなければなりません。私たちは心にあるとおりに、神のみことばを受け入れなければなりません。私たちはすべての罪を消し去り、裁きを受けた水の福音と主の御霊のように、清くて純粋で良い地を耕し、その地に主のことばを植えなければなりません。

自分の力で肉の思いを否定することは基本的に不可能です。肉のエゴティズムを打ち負かすためには、神のみことばを正しく信じる信仰にのみ頼らなければなりません。神の言葉を聞いて、「これは正しいですか、それとも間違っているのですか。これは神のことばなのか、そうでないのか」そして、もしそれが真実であれば、「私もみことばに従わなければならない」と考えて、みことばを受け入れます肉のエゴイスティックな心は、自分の意志でそれを壊そうとするからといって、絶対に壊すことはできません。これを知って、主は言われました、「誰かが私の後に来ることを望むなら、彼に彼を否定させて、彼の十字架を取り上げて、私に従ってください」(マタイ16:24)。これは神の真の言葉であり、神が信仰を持っている私たちに求めておられる真理であるため、私たちは主に従うためにこの言葉に従う必要があります。さらに、これは正しいことなので、絶対に行う必要があります。小さなことかもしれませんが、信仰によってみことばを受け入れると、主の祝福と愛を受けるようになります。また、神の言葉に従って霊的生活を送っているときに、神が信仰を与え、聖霊が水と御霊の福音によって罪の清めの真理を教えていることも知ることができます。神の言葉によってこのエゴイスティックな心を克服するとき、聖霊はあなたに力と喜びを与えます。その後、聖霊は私たちの魂に正しいことをするようにほめたたえ、励ましを与えます。

犬を愛する人々は犬を抱きしめ、キスし、走り回ります。そして、そのプロセスの間、犬は飼い主がそれを愛していると感じ、したがって飼い主に忠実であり、常に飼い主と一緒にいたいと望んでいます。自分の弱さや欠点が出てきて、霊的生活の中で水と御霊の福音を通して豊かな喜びと幸せを経験した人も、そうです。水と御霊の福音を知り、信じる人は、この真の福音を知らずに信じる人と自分を比較する過程で、またどの信仰が正しいのかを評価する過程で、自分の信仰が徐々に成長しているのを感じることができます。それは、人が主に従うという信仰が、神の言葉が彼の心に入ったときに神の言葉で自分の考えを否定し、最終的にそのような心を壊し、神と再び団結するなどのさまざまな種類の経験を通じて、さらに手強いことを意味します。 。

すべての人間の心は弱いですが、絶対に心を設定する日が来るでしょう。世界に向かって行くのか、主に心を向けて主に従うのかを決める必要があります。主が無理に求められなくても、はっきりと決断しなければならない時が来ます。もちろん、私たちが選ばなければならない道は主に従うことです。私たちが主に従うときの結果は何ですか?私たちはこれをみことばを通して評価し、賢明な決定を下す必要があります。つまり、主に従う方法を選択することです。このように信仰をきちんと果たしていくうちに、いつか困難に直面するでしょう。しかし、この困難な状況はあなたと私にとって絶対に必要です。これは、私たちが困難に直面し、それによって主の言葉にさらに依存しているときにのみ、この正しい道を進むことがどれほど弱いかを悟るようになるからです。そうすれば、神を信じる信仰が以前よりもさらに強くなります。棚にほこりがたまると、思わず信仰がたまります。そして、このように生活しながら、キリストと共に誠実に住む喜びを味わうことができます。

あなたと私が主を正しく従うためには、主が語られた良い土台でなければなりません。自分の利益を考えずに、本当にみことばであるかのように、みことばをそのまま受け入れる心の姿勢が必要です。その後、神は残りすべてを行います。私たちはただ神の言葉が真実であることを理解し、それを心の中に心から受け入れる必要があります。この後、神の言葉があなたと私を支配し、私たちを教え、私たちを導き、私たちを正しい道に導きます。神は私たちを喜ばれる道へと導きます。

親愛なる信者の皆さん、主はこの時に私たちにこの良い地になる必要があると告げておられます。あなたも私も、このように御ことばをきちんと受け入れる心のある人にならなければなりません。私たちは、神の言葉が私たちの考えに同意するかどうかにかかわらず、最初に神の言葉を受け入れるような人になる必要があります。次に、全能の神が最も適切な方法で私たちを導きます。彼は真実である全能の神であるため、私たちの心、考え、状況など、すべてを導くことができます。

しかし、心の準備ができていないとどうなりますか?神の言葉を心に受け入れる準備ができておらず、そうする意欲さえなければ、主でさえ私たちのために何もすることができません。正義の主は高潔な性格なので、それを強制的に要求することはできません。しかし、私たちは少なくとも心から神の言葉を受け取る準備をしなければなりません。神のみことばを心に受け入れる準備ができているなら、神は私たちをアブラハムのような祝福を受ける義人にしてくださいます。

あなたと私は主で心配することは何もありません。時が来たら主はすべてを成就してくださいます。神は最初の日に光を創造し、二日目に水を分割するために大空を作り、そして三日目に海から土地を分割しました。初日の仕事は罪の赦しを受けることを意味します。二日目の仕事は、生まれたての人が神の言葉と悪魔の言葉を識別すべきであることを意味します。そして、3日目の神の働きは、私たちが霊的な実を結ぶために、私たちの弱さを明らかにすべきであることを暗示しています。

このみことばのように、水と御霊の福音を信じて心の中に罪の赦しを受けたとき、私たちの弱さは明らかになりませんでした。そして、罪の赦しを受けてからしばらくすると、水に覆われた汚れた土地が露わになるように、肉の欲望が湧き出てきて、そのような人間であることに気づきます。しかし、私たちがそのような不十分な人々であるという事実にもかかわらず、私たちはまだ心にある水と御霊の福音を信じる信仰を持っているので、主に従うことができます。私たちは神を信じる信仰によって霊的な実を結ぶ信仰の民となるのです。主が5日目に言われたように、「鳥は地上の空を横切って地上を飛び越えましょう」と私たちは水と御霊の福音を信じる信仰によって神に従う義人になることができます私たちがどれほど弱いかについてですあなたと私は、神の似姿をイメージして創造された人々です。ですから、水と御霊の福音を信じる信仰によって、私たちは神のような人になる必要があります。

仲間の信者の皆さん、あなたは神の臨在の前にこの良い地位にならなければなりません。神の言葉が深く根づくことができるこの良い地にならないと、すべての罪から救いを受けることができません。根拠のない畑は悔い改めなければなりません。あなたはこの良い土地になりましたか?あなたの心は御言葉を受ける準備ができていますか?気分が悪くてもかまいません。神のことばに従って神に頼り、神の教会に住んでいるだけです。その後、私たちの主はあなたを他のすべてのものに導きます。