Sermons

[41-12] < マルコ 5:1-20 > 欲望のために滅びるように呪われた惨めな人が救われる




< マルコ 5:1-20 >

こうして彼らは湖の向こう岸、ゲラサ人の地に着いた。イエスが舟から上がられると、すぐに、汚れた霊につかれた人が墓場から出て来て、イエスを迎えた。この人は墓場に住みついており、もはやだれも、鎖をもってしても、彼をつないでおくことができなかった。彼はたびたび足かせや鎖でつながれたが、鎖を引きちぎり、足かせも砕いてしまったからで、だれにも彼を押えるだけの力がなかったのである。それで彼は、夜昼となく、墓場や山で叫び続け、石で自分のからだを傷つけていた。彼はイエスを遠くから見つけ、駆け寄って来てイエスを拝し、大声で叫んで言った。「いと高き神の子、イエスさま。いったい私に何をしようというのですか。神の御名によってお願いします。どうか私を苦しめないでください。」それは、イエスが、「汚れた霊よ。この人から出て行け。」と言われたからである。それで、「おまえの名は何か。」とお尋ねになると、「私の名はレギオンです。私たちは大ぜいですから。」と言った。そして、自分たちをこの地方から追い出さないでくださいと懇願した。ところで、そこの山腹に、豚の大群が飼ってあった。彼らはイエスに願って言った。「私たちを豚の中に送って、彼らに乗り移らせてください。」イエスがそれを許されたので、汚れた霊どもは出て行って、豚に乗り移った。すると、二千匹ほどの豚の群れが、険しいがけを駆け降り、湖へなだれ落ちて、湖におぼれてしまった。豚を飼っていた者たちは逃げ出して、町や村々でこの事を告げ知らせた。人々は何事が起こったのかと見にやって来た。そして、イエスのところに来て、悪霊につかれていた人、すなわちレギオンを宿していた人が、着物を着て、正気に返ってすわっているのを見て、恐ろしくなった。見ていた人たちが、悪霊につかれていた人に起こすると、彼らはイエスに、この地方から離れてくださるよう願った。それでイエスが舟に乗ろうとされると、悪霊につかれていた人が、お供をしたいとイエスに願った。しかし、お許しにならないで、彼にこう言われた。「あなたの家、あなたの家族のところに帰り、主があなたに、どんなに大きなことをしてくださったか、どんなにあわれんでくださったかを、知らせなさい。」そこで、彼は立ち去り、イエスが自分にどんなに大きなことをしてくださったかを、デカポリスの地方で言い広め始めた。人々はみな驚いた。



皆様への温かいご挨拶!

私たち全員が一緒に読んだ今日の聖書の朗読には、汚れた霊に取り憑かれたある人が癒され、イエスとの出会いから救われたと書かれています。イエスが船で海を渡り、ガダレネスの国に到着したとき、墓の中を歩き回っている人に出くわしました。彼は汚れた霊に取り憑かれていたので、彼は墓の中に住んでいました。彼は何度か束縛と鎖で縛られていたが、毎回それらを壊していたので、誰も彼を飼いならすことができなくなった。だれにも守られず、汚れた霊のせいで泣き叫び、石で切り刻んでいたが、イエス様に出会った時、魂は癒された。私たちの主は彼から悪霊を追い出し、彼を正気に戻し、彼が通常の生活を送ることを可能にしました。この出来事は、悪霊を追い払うイエスの奇跡的な力を示しているだけではありません。むしろ、私たちの主は私たちの基本的な性質について語っています。



私たちはどのように私たちの自然の中にいましたか?


今、この世には、主から与えられた福音の水と御霊の言葉を信じず、罪から救われていない人がたくさんいます。彼らの心は罪深いままであるため、彼らは聖霊ではなく悪霊に支配されており、そのために彼らはまた多くの苦しみに直面しています。今日の聖書箇所で悪魔に取り憑かれた人のように、彼らは心の中に悪魔のために彼らの欲望に反して邪悪な行為をし、またこの世界の多くの宗教の誤った教えに縛られ、彼らの魂はますます貧しくなります。しかし、この世界のどの宗教の教義も、これらの悪魔と彼らの心にある罪を追い払うことはできません。どんなに完璧に発達したとしても、信条は誰の罪も追い出し、誰の魂も回復することはできません。今日、主は私たちに、水と主によって与えられた御霊の福音だけが罪の連鎖を断ち切ることができると言われています。悪魔に憑かれた男が墓の中で狂気を打ちのめしているのは、私たちの古い自分に他ならないことを反映しており、私たちが罪の赦しを受ける前の私たちの様子を示しています。ここでの説明は、この罪の赦しを受けるのは、水と御霊の福音を信じることです。

イエスがこの地上にいた間、当時のパリサイ人は彼が神の子であるとは信じていませんでしたが、悪霊たちはイエスが誰であるかを正確に知っていました。今日の聖書箇所を見てください。主がその男を持っている悪霊たちに彼から出て来るように命じられたとき、彼らは彼を「至高の神の子」と呼び、彼らを国外に送るのではなく、代わりに豚に送るように彼に懇願しました。ですから、イエスが彼らに許可を与えると、彼らは豚に入り、群れはすぐに海に飛び込み、彼らは皆溺死しました。そして、イエスのおかげで、これらの汚れた霊に取りつかれた狂人は癒され、彼の魂は回復しました。これは、罪深い心に苦しんでいるこの世界のすべての人々が、イエスと会うならば、救われ、罪の赦しを受けることができるという真理を明らかにしています。

あなたと私を含め、この地球に住むすべての人々は、本質的に罪深い心を持って生まれました。罪に満ちた心と豚のように貪欲に生まれた私たちは皆、豚のように生きる運命にあり、最終的には破壊の道に入りました。今日の聖書箇所が示しているように、海にぶつかった豚は、それを持っていた悪霊と共に死にました。私たち人間にも同じことが言えます。水と御霊の福音によって罪の赦しを受けない限り、私たちは肉のすべての罪とその貪欲にぶら下がって死に至り、彼らのために死んでも、それらを捨てることはできません。心が罪深いままでいる人は貪欲に満ちており、ますます求め続けているのに、心を満足させることはできません。動物は餌を与えられたときだけ満足しますが、私たち人間は欲望に従って生きても満足することはできません。彼の魂は悪霊に支配されているので、人は満足しません。そのような人々は神から真の救いを受けておらず、代わりに悪霊に支配されているので、彼らは自分の罪にぶら下がって、結局これらの罪のために滅ぼされるだけです。ここで、すべての悪霊が中にいる海に飛び込んだ豚の群れは、私たちが罪から救われる前の私たちの古い自分に他ならないことを示していることを理解する必要があります。

私たちの主がガダレネスの国で出会った悪魔に憑かれた男はあなた自身の肖像画であり私のものです。実際、私たちが生まれた瞬間から、私たちの生活は肉の欲に悩まされていました。さらに、私たちは多くの異なる宗教を信じて、絶望的な原因に身をゆだね、苦しみの中で生き、精神的な放浪を終わらせることはできませんでした。豚の群れが悪霊と一緒に滅びるために海に駆け込んだように、このような罪深い生活を送り、私たちの罪がこれらの罪と共に滅びるために呪われたのは私たちの人間性でした。

同じことがこの世界に住むすべての人々に当てはまります。この世界に生まれた彼らは、自分の欲望を満たすためだけに、利己的で荒涼とした生活を続けています。そして、彼らは常に自分の欲望に支配されているので、彼らは心に満足がなく、人生に痛みを感じるだけです。彼らの多くは神を知っていますが、神を賛美するどころか、実際には神に立ち向かい、神の愛を拒絶しているので、彼らは自分の欲望に従っているだけです。彼らの終わりは何だと思いますか?豚の群れが悪霊の中にいる自分たちの死にぶつかったように、これらの人々もまた、罪と貪欲とともに永遠の地獄の火に投げ込まれます。これは、主から罪の赦しを受けていないすべての人にふさわしい正しい結果です。



神は私たちのような惨めな人々に彼の大きな憐れみと愛を授けられました、そして彼は水と霊の福音を通して私たちを救われました


私たちの固有の罪と貪欲のために破壊の道に入るのは人間としての私たちの運命でした。しかし、愛に満ちたイエス・キリストは、私たちのすべての罪から惨めな者を救うために、水と御霊の福音によってこの地上に来られました。水と御霊の福音を通して、主は私たちに個人的に会い、私たちのすべての心の罪を追い出し、私たちをそれらすべてから完全に救ってくださいました。全能の神は、私たちのような罪深い人々に、そのような途方もない救いの憐れみを授けてくださいました。彼はあなたと私を私たちのすべての罪と破壊と悪霊の穴から救い出しました、そして彼は私たちを彼の大きな愛と憐れみに導きました。私たちの主は人の肉に転生したこの地球に来られ、バプテスマを受けて罪を負い、十字架で背負って死に、死からよみがえり、それによって私たちをすべての罪から救われました。彼は私たちに永遠の命を与えてくれました。この主への信仰のおかげで、私たちは悪魔に取り憑かれた人のようでしたが、私たちの魂は救われ、今では主の完全な子供になりました。あなたと私は私たちの罪のために滅ぼされなければなりませんでしたが、私たちは今、神の忠実な子供として天国に入ることができます。

残念ながら、多くの人々は、水と御霊の福音によって来られた主をまだ心に受け入れていません。これらの人々はどうなりますか?彼らは罪から救われていないので、今日の聖書箇所で悪霊に取りつかれた人と同じ状態にあります。悪魔に率いられて、彼らは皆、肉の欲だけに従い続けるに違いありません。しかし、どんなに貪欲になっても、心には満足がなく、人生には永遠の苦しみしかありません。これらの人々が人間としてまともな生活を送ることができないことは非常に明白であり、彼らは最終的に彼らの罪と彼らの貪欲のために呪われて破壊されるでしょう。



あなたはあなたの終わりを知らなければなりません


自分の終わりに気づかず、自分の中でかき混ぜる肉の欲望に従うだけでは、人生の唯一の真理である水と御霊の福音を見つけることができません。水と御霊の福音の真実を知らずに生きると、人生はどうなるでしょうか。この人は苦しみと混乱の悲惨な終わりに直面するしかないでしょう。ですから、私たち全員が人生の終わりに私たちを待っていることを悟り、水と御霊の福音を通してイエス・キリストに会い、幸福の王国にイエスに従う準備をしなければなりません。神の子イエスは、あなたと私を世のすべての罪と私たちの永遠の非難から救い、私たちに水と私たちの魂に命をもたらす霊の福音を与えるためにこの地球に来られました。そして、バプテスマを受け、十字架につけられて死に、そして復活することによって、水と御霊の福音を信じる私たち全員を一度に救われました。この世界に住むすべての人は、この真実を信じなければなりません。イエス・キリストは私たちの罪人に非常に思いやりを持っていたので、彼は私たちを個人的に見に来ました。そして、水と御霊の福音の真理を通して、彼はあなたと私をすべての罪から完全に救ってくださいました。私たちの主は、水と御霊の福音を通して私たちの唯一の救い主になりました。これ以外に、私たちがまだ生きている間に私たち全員が信じなければならない真実があります。水と御霊の福音はまさに神の愛であり、救いの福音であることを理解しなければなりません。

私たち全員がここで、私たちが悪魔に取りつかれた罪人であることを認識しなければなりません。これは私だけでなくあなたにも当てはまります。神の前では、この世界の誰もが罪人以外の何者でもあり得ません。ある哲学者はかつて、人間は不十分な存在であり、彼らがすることはすべて無駄だと言っていました。しかし、哲学は人間の欠陥を特定することまでしかできません。言い換えれば、人間が本質的に罪人であることを明らかにすることしかできませんが、罪の根本的な問題を解決することはできません。水の福音と主から与えられた御霊だけが、私たちに罪人としての真の自分を悟らせ、同時に私たちの罪の問題を完全に解決することができます。ですから、人生についての哲学的な推測に縛られるだけでなく、水と御霊の福音を通して自分の本当の自分を実現し、心を尽くして神の真の救いの愛を信じるべきです。

今日の聖書箇所にいる悪魔に憑かれた男は、山や墓の中を歩き回り、絶えず叫び、自分の体を石で傷つけました。同様に、間違った宗教に信仰を置くことはあなたの体と魂を傷つけます。もちろん、あなたの魂を台無しにするのは、間違った宗教に対するあなたの見当違いの信仰だけではありません。お金を信じるならお金で傷つき、自分の能力を信じるなら自分の能力で傷つくでしょう。原因が何であれ、心に罪があるなら、最終的には自分を滅ぼします。あなたと私は本質的にそのような惨めな人々でした。私たち自身は悪魔に憑かれた人々であり、山や墓で叫び、自分の体を虐待し、狂気の中で生き、口の中で泡立ちましたが、結局は地獄に投げ込まれました。私たち全員は、これが私たちの生来の肖像画であることを認識しなければなりません。今日の聖書箇所で悪魔に憑かれた人は私たちに他ならないことを指していることを私たちは皆理解しなければなりません。

水と御霊の福音は私たちの魂に命をもたらします。私たちはそれを単に無数のクリスチャンの教義の1つと見なしてはなりません。それは、既存のキリスト教の教義が水と御霊の福音を完全に欠いているからです。水と御霊の福音は単なるクリスチャンの教義ではありません。それは、主が世の罪から私たちを救ってくださった救いの真理であり、救いそのものの働きです。イエス・キリストが今日の聖書箇所で悪霊に取りつかれた人に会い、実際に悪霊を追い出したように、私たちの主は、悪霊に縛られていた水と御霊の福音を通して、私たちを完全に救ってくださいました。 、サタンの呪い、破壊、そして世界のすべての罪。それが私たちがイエスを私たちの救い主と呼ぶ理由です。

教会の中にいるのに、神の言葉を信じない人に出くわすことがあります。それは、これらの人々がまだ自分たちの邪悪な自分に気づいていないからです。今日の聖書箇所で悪魔に取り憑かれた人が、贖われていない自分に他ならないことに気づいたら、彼らは神の言葉をそのまま信じることができるでしょう。

日曜学校の子供たちが5年生になると、冬の弟子訓練キャンプの福音クラスに参加して、水と御霊の福音について詳しく教えます。私たちは、彼ら自身が神の前で重大な罪人であることを認識し、また水と御霊の福音の真実を悟るようにこれを行います。今日ここに座っているのはどうですか?悪魔に憑かれた男はあなたに他ならないことに気づいていますか?罪の赦しを受けていない人、つまり水と御霊の福音を信じていない人は、この悪魔に取りつかれた人のように怒っています。私は今、水と霊の福音を説教していますが、もし私が主に会わなかったら、私もこのように怒っていただろうに違いありません。同じ惨めなことが私にも起こったでしょう。私の若い頃、誰も私を飼いならすことができなかったでしょう。結局のところ、私が悪魔に取り憑かれていなければ、神が忌み嫌われるほど多くの悪いことをどうやってやったのでしょうか。

すべての人間は神の前で同じです。人々は彼らを有名にしたり金持ちにしたりすることができるもののために彼らの命さえ危険にさらすことをいとわない。その過程で自分の体や魂が傷ついていることに気づかずに、狂人のように名声と貪欲を追求するのは人間の本性です。それでもこれに気づかず、彼らは愚かで生きて地獄にたどり着くだけであり、それが人間の本質そのものです。私たち全員が自分たちの基本的な自分を実現しなければなりません。最初の人アダムの堕落のために、彼は罪人になっただけでなく、すべての人間も罪人になったということを私たちは認識しなければなりません。私たちは皆、不法に生まれ、不法に生き、そして不法に滅びています。

しかし、私たちの造り主である神は、このように滅びるために私たちを捨てませんでした。代わりに、主は私たちに、聖書が「一人の人の従順によって多くの人が義とされる」(ローマ5:19)と言っているように、私たちの罪から逃れる方法があると教えられました。彼は彼の独り子を与えた、彼を信じる者は誰でも滅びることはなく、永遠の命を持つべきである」(ヨハネ3:16)。では、この方法は何ですか?神の愛を信じることです。真理において、神は私たちへの思いやりから、水と御霊の福音を通して私たちをすべての罪から一度だけ救ってくださいました。一見無邪気な子供でさえ、子供がこの真実を知らなければ、悪魔に取り憑かれた男のようです。

今あなた自身を見てください。あなたが神の真理への信仰なしに生きていないかどうか、あなたがそれらによって傷つけられるためだけに役に立たないものであなたの命を危険にさらしていないかどうか、そしてあなたがこれらの傷で自分自身を虐待していないかどうかを見てください。

主は私たちをとても愛しておられたので、私たちが自分自身を助けることができず、罪の中で生きるとき、主は水と御霊の福音を通して私たちを完全に救われました。神ご自身であるイエスは、この地上に来られ、バプテスマのヨハネからバプテスマを受けて罪を負い、私たちの代わりに十字架につけられ、死からよみがえられ、それによって私たち全員を完全に救われました。これはどういうわけかあなたにとって些細なことですか?いいえ、それはすべての最大の愛です。

バプテスマを受けて、他の誰かのために自分の血を流すことができますか?あなたが持っているすべてのものを他人のために諦めてもらえますか?これは人間にとって絶対に不可能です。しかし、全能の父である神の子は、人の肉に転生したこの地上に来られました。そして、彼は私たちをすべての罪から完全に救うために、肉も血も惜しみませんでした。この愛の行為はそれほど簡単なものではありません。罪の真の赦しをもたらし、私たちを救ったのは、私たちに対する主の愛の具現化であり、私たちが主に十分に感謝することは決してできないものです。

耳で聞いてもこの真理を信じない人は、自分が悪魔に取り憑かれていることに気づかない人です。そのような人々は、自分たちが実際に自分の体や魂を傷つけていることを知りませんし、自分たちが地獄に運命づけられていることに気づいていません。それどころか、彼らは他人に悪いことを何もしていないという理由だけで、彼らは実際には非常に善良で善良であると思い込んでいます。

そのような人々は、主を救い主として信じていなくても、自分は高潔であると考えていますが、本当に高潔な人々ですか?彼らは本当に正しいですか?いいえ、もちろん違います!彼ら自身の利益が少しでも脅かされるとき、彼らは激しく打ちのめされ、彼らの心は彼らが殺害さえすることができるほど多くの苦味を抱いています。これは、この冬の弟子訓練キャンプに参加する若い青年にも当てはまります。彼らが神の働きをするように頼まれたとき、彼らの何人かはこれを拒否し、水と御霊の福音を信じると公言しているのにそうすることを拒否します。彼らは神から与えられた体を持っていますが、神のためにそれらを使用していません。まだ社会に汚染されていない若者もこのようになっていることを考えると、大人についてコメントする必要はほとんどありません。

人間は神のかたちで霊的な存在として造られたので立派で価値がありますが、それにもかかわらず、それが殻に過ぎないとしても、私たちは自分の肉に夢中になっていることがよくあります。もちろん、お金と権力の前にひざまずくのは人間としての私たちの弱い性質です。私たちより強い人の前で、私たち自身の貪欲な前にひざまずき、貪欲に頭を下げるのは私たちの人間性です。しかし、全能の神はこれをずっと知っていました。ですから、私たちのような完全に役に立たず、惨めに価値のない人々のために、神ご自身がこの低い地球に個人的に来て、私たちを救ってくださいました。そして、この主の愛と主の救いのおかげで、臆病で価値のない人生を送るしかない私たち全員が、主の完全な子供たちに新たに生まれることができました。

あなたが自分の本当の自分を罪の中で生まれ、滅びる運命にある人として認識し、神があなたをすべての罪から救われたことに気づいたなら、あなたは主の働きを実行し、あなたがあなたの人生において主の義に従うことができるでしょう。人間としての弱さでいっぱい。これがどういうわけかあなた自身の利益に反するとは決して思わないでしょう。主に従うことは、あなたが本当に誰であるかを知らない場合にのみ、あなたの興味に反するように思われます。しかし、自分がどれほど無価値で罪深いのかを理解すると、それを重荷と考えるどころか、神の働きに使われているという事実そのものに完全に感謝するでしょう。主があなたを悪だけから守っておられるという事実そのものが、途方もない祝福として数えられます。

もし私たちが神の教会を去って世界に出て行くとしたら、私たちはどんな栄光を得るでしょうか?死ぬまで頑張ったとしても、かろうじてやりくりすることができて幸運であり、なんとか財を成し遂げたとしても、真の心の安らぎを見つけることはできません。神の教会の外では、私たちは惨めで臆病で価値のない人生を送る運命にあります。

しかし、神は愛に満ちており、水と御霊の福音を信じる私たちを軽蔑することはありません。それどころか、神は私たちを彼自身の大切な子供として大切にし、私たちに彼の大きな愛を授けてくださいます。この神の愛の証拠は、世のすべての罪から私たちを救うために神が成就した救いの業に他なりません。ですから、私たち全員が感謝の気持ちから主に仕えるべきであり、水と御霊の福音を通して私たちを一度だけ救ってくださったことを主に感謝します。主に感謝せず、神の働きが喜ぶのではなく、彼らに委ねられたときに憤慨している人々は、まだこの主の救いを認めていません。彼らはまだ悪魔に取り憑かれた男としての本当の自分を実現していません。

今日の聖書箇所で見たように、悪霊に取りつかれた人は主の救いのおかげで回復されました。彼の狂気が消えたので、彼は普通の人のように話し、行動することができました。イエスは、その悪魔に取りつかれた人を癒した後、別の地域に向けて出発しようとしたとき、彼もまた主に従いたいと言いました。しかし、イエスは彼に従うのではなく、彼が彼のためにしたことをすべての人に説教するように彼に言いました。言い換えれば、イエスはこの人に、主が誰であるかを正確に宣言し、水と御霊の福音を宣べ伝えるように命じられたのです。これがイエス様があなたと私にも言われたことであることは間違いありません。言い換えれば、あなたが今イエスを通してあなたの本当の自分を悟り、そしてあなたがイエスのおかげで水と御霊の福音を信じることによって救われたなら、あなたはこの福音の水と水との真理を説く時が来ました他のすべての人への精神。



イエスの義を拒絶しないでください


水と主から与えられた御霊の福音を信じない人々にとって、彼らの魂は悪魔に取りつかれた人の魂のようです。水と御霊の福音をまだ心に受け入れておらず、神の救いへの大いなる愛に感謝していないなら、今すぐ目を覚まさなければなりません。罪の赦しを受けていない人は、汚れた霊を持ち、心に無用な貪欲を持っているので、そのような人々はイエスを拒絶し、彼の信者を非難しなければなりません。彼らがこれに気づかなければ、悪魔が移動した豚が海にぶつかって溺死したように、彼らは永遠に呪われて破壊されざるを得ません。今日の聖書箇所の海は、不法に満ちたこの世界を指します。真の自己を悟り、水と御霊の福音を心に受け入れない限り、主の腕の中に住むことはできず、この不潔な世界に入り、すべての人と一緒に地獄に投げ込まれるしかないのです。邪悪に染まった世俗的な人々。

主はあなたのすべての罪と私の罪を消し去るために人の肉に転生したこの地球に来られたとき、バプテスマのヨハネによってバプテスマを受け、十字架につけられて死に、そして死からよみがえり、それによって私たちを救いました。完璧。主は私たちをとても愛しておられたので、バプテスマによって私たちの罪をすべて取り除き、私たちの代わりに私たちの罪の非難を負いました。私たち全員がこの真実を信じなければなりません。では、私たちはどのように主を信じるべきでしょうか?私たちは、主の驚くべき救いに感謝し、私たちがどんな罪人であったか、そして主が私たちを救うために私たちにどのような愛を与えてくださったかを完全に理解して、主を信じるべきです。この真実を信じる人だけが破壊を避け、地獄に縛られた運命から解放されることができます。言い換えれば、主の豊かな愛と主の救いの業を心から信じるときだけ、神の子供としてこの地上に住み、神の義の業を遂行し、肉体と霊の両方で神の助けと祝福を受け、最終的に入ることができます。彼の天国。

私たち全員が水と御霊の福音を知って信じているかもしれませんが、罪深い自分に気づかずにこの福音を信じるなら、この信仰も無駄になります。なぜそうなのですか?それは、自分がどんな重大な罪人であるかを知らずに、水と御霊の福音を信じる人は、この福音を必要としないからです。そのような人は福音を信じますが、地獄に運命づけられたすべての罪人がイエスのバプテスマとその犠牲の血によって救われることに気づかず、その結果、この人は神の救いの計画に含まれていません。それは主が言われたからです。「元気な人は医者を必要としませんが、病気の人は。私は義人ではなく罪人を悔い改めと呼ぶようになりました」(ルカ5:31-32)。彼は彼が健康ではなく病気を救うために来たことを明らかにした。したがって、あなたは自分が罪人であり病気であることを認めなければなりません。そうしてはじめて、私たち全員を救うためにこの地上に来られた神から、あなたの真の救いを受けることができます。ですから、あなたはまず、あなたが破壊され、永遠の火に苦しむために永遠に地獄に投げ込まれる運命にあることを認識し、次にこの地球に来て、水と御霊の福音の真実を通してあなたを救う主を受け入れなければなりません。そうして初めて、主の救いがついにあなたのものになります。そうでなければ、自分の本当の自分を認識せず、自分が義人であり、完全に健康であると考えるなら、主の完全な救いを受けることはできません。

この瞬間でも、水と御霊の福音を心から信じていただきたいと思います。あなたが十分に良いとは思わないでください、あなたはそれほど悪い人ではありません。山の中を歩き回り、裸で泣き叫び、石で切り刻んだ悪魔に憑かれた男は、あなた自身の自画像と私のものに他なりません。しかし、私たち全員がこのように生きる運命にあったとしても、主は私たちをとても思いやり、愛してくださったので、罪の赦しで私たちを祝福し、完全な救いを私たちにもたらしました。水と御霊の福音によって、主は私たちの罪をすべて消し去り、私たちを救われ、私たちを神の祝福された子供たちに彼の永遠の王国に入らせてくださいました。あなたと私は悪霊に取りつかれて生きざるを得ませんでしたが、イエス・キリストは私たちをすべての罪、すべての悪霊、そしてすべての破壊から救ってくださいました。これ以外に、神が私たちに与えてくださった愛の救いです。そして、これは私たち全員が私たちの残りの人生のために心から信じなければならないことです。



私たちは今、水と御霊の福音への信仰によって主に従わなければなりません


あなたと私が水と御霊の福音を通して罪の赦しを受けたので、私たち全員が教会に入り、主にとどまり続けることができるように私たちを祝福してくださった主に感謝すべきです。しかし、あなたが主に感謝せず、罪の赦しを受けたにもかかわらず主に従わなかった場合、さらに多くの悪霊があなたを訪ね、あなたを苦しめます。これが起こった場合、あなたは以前よりもさらに苦しみ、最終的には破壊されます。これは世界中のすべての人に当てはまります。ですから、私たちは常に神の救いに感謝しなければなりません。私たちは、私たちのような価値のない惨めな人々を救ってくださった私たちの生活の中で、彼に感謝し、賛美すべきです。主の救いがなければ、私たちは何もありません。この地球で生まれたら、誰もが主に会わなければなりません。さもなければ、人生は無価値です。主に会えなかった人は皆、罪と貪欲で自分自身を滅ぼしているだけであり、結局、彼らは呪われ、これらの罪人と共に地獄に投げ込まれます。しかし、主は私たちのこの運命を知っておられ、愛に満ち、私たちをとても思いやり、私たちに豊かな憐れみを与えてくださいました。私たちが罪に溺れていたときに私たちを罪から完全に救うことによって、主は私たちに神の王国に入る栄光を与えてくださいました。

さて、皆さん一人一人に、水と御霊の福音を救いとして信じていただきたいと思います。神の言葉を聞くときはいつでも、頭で聞くだけでなく、心に受け入れ、その言葉で神の前で心を再検討し、水と御霊の福音への信仰を告白してください。世界中の無数の人々が教会に出席し、神を信じると公言していますが、水と主によって与えられた御霊の福音を明確に理解して、救いへの愛を心に受け入れた人はほとんどいません。それほど多くの機会が残っていません。神の教会は永遠にここにあると思いますか?あなたが今見ている神の僕たちはいつもこのようにあなたと一緒にいると思いますか?いいえ、そうではありません。ですから、神の僕たちがまだあなたの目の前にいて、神の意志と神の言葉がこれらの僕たちを通して宣べ伝えられているこの瞬間に、神の言葉を信じてください。

今があなたの救いの時です。今、水と御霊の福音を信じなさい。別のチャンスはないかもしれません。あなたがそんなに価値のない人ではないと思うか、あなたが実際にはそれほど悪い人ではなかったのにあなたが救われたと思うなら、この瞬間に右に向きを変えて、正直に自分自身を調べてください。そして、今日の聖書箇所によれば、あなたは悪魔に取り憑かれた人であることを認めてください。

私たち全員、私の仲間の信者は、基本的に悪行者の群れです。私たちは確かに、生涯を通じて悪魔に取り憑かれ、自分の欲望だけに従い、破壊の道に入る運命にありました。私たちは聖なる神から祝福を受ける資格がまったくありませんでした。それにもかかわらず、神は私たちに思いやりを持ち、神の愛を私たちに授けてくださったので、私たちだけでは決して逃れることのできないこれらすべての罪から私たちを完全に救ってくださいました。私たちはこの真実を信じなければなりません。そして、私たちは救い主である主と主が私たちに与えてくださった福音に仕えなければなりません。感謝の気持ちでこのように生きることが、私たちを救ったことに対して主に報いる唯一の方法です。

考えてみてください。何かメリットはありますか?いいえ、まったくメリットはありません。自分たちを互いに比較することは無意味です。なぜなら、私たちは神の前ですべて同じであり、何のメリットもないからです。それがまさに私たちが主に会わなければならない理由です。私たちは罪に満ちているので、主に会い、主に救われない限り、最終的には滅ぼされる運命にあります。それなら、私たちのだれかが主を信じない余裕がありますか?それにもかかわらず、信仰によって主の義に従うことを拒否することはできますか?

私たちは皆、悪行者の群れとして生まれたので、罪の赦しを受けたとしても、主に従い、主に仕えない限り、悪霊に取りつかれた人のように凶暴に行動しなければなりません。水と御霊の福音に仕えなければ、罪の赦しを受ける前よりも、実際にはもっと邪悪なことを実践することになります。ルカ11:24-26に書かれています。「汚れた霊が人から出て行くとき、彼は乾いた場所を通り抜け、休息を求めます。何も見つからなかったので、彼は「私は私が来た私の家に戻ります」と言います。そして彼が来ると、彼はそれが一掃されて整頓されているのを見つけます。それから彼は行って、彼自身より邪悪な他の7つの霊を連れて行き、彼らはそこに入って住みます。その男の最後の状態は最初の状態よりも悪いです。」主に会った後、再び世に出て行くと、さらに多くの悪霊がやって来て、これまで以上に奉仕するので、最終的には悪魔の奴隷として生きることになります。私たちは、イエスを信じる前よりもはるかに悪い状態になります。

私はあなたを怖がらせるためにこれを言っているのではありませんが、多くの人々が実際にこの残念な運命に屈しているからです。 ここに集まった私たちの誰もがこのようなタイプの人々のようになってしまうことはないと私は確信しています。 ですから、水と御霊の福音によって来て私たちを救ってくださった主にいつも感謝し、私たち全員が主への信仰によってこの世での生活を続け、残りの私たちのために主に仕え、従うようにしましょう。 生きています。