Sermons

[42-2] < マルコ 7:1-23 > みことばを認め、 神のあわれみを求めよ



< マルコ 7:1-23 >

「さて、パリサイ人たちと幾人かの律法学者がエルサレムから来ていて、イエスの回りに集まった。イエスの弟子のうちに、汚れた手で、すなわち洗わない手でパンを食べている者があるのを見て、――パリサイ人をはじめユダヤ人はみな、昔の人たちの言い伝えを堅く守って、手をよく洗わないでは食事をせず、また、市場から帰ったときには、からだをきよめてからでないと食事をしない。まだこのほかにも、杯、水差し、銅器を洗うことなど、堅く守るように伝えられた、しきたりがたくさんある。――パリサイ人と律法学者たちは、イエスに尋ねた。『なぜ、あなたの弟子たちは、昔の人たちの言い伝えに従って歩まないで、汚れた手でパンを食べるのですか。』 イエスは彼らに言われた。『イザヤはあなたがた偽善者について預言をして、こう書いているが、まさにそのとおりです。「この民は、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。彼らが、わたしを拝んでも、むだなことである。人間の教えを、教えとして教えるだけだから。」 あなたがたは、神の戒めを捨てて、人間の言い伝えを堅く守っている。』 また言われた。『あなたがたは、自分たちの言い伝えを守るために、よくも神の戒めをないがしろにしたものです。モーセは、「あなたの父と母を敬え。」 また「父や母をののしる者は、死刑に処せられる。」と言っています。それなのに、あなたがたは、もし人が父や母に向かって、私からあなたのために上げられる物は、コルバン(すなわち、ささげ物)になりました、と言えば、その人には、父や母のために、もはや何もさせないようにしています。こうしてあなたがたは、自分たちが受け継いだ言い伝えによって、神のことばを空文にしています。そして、これと同じようなことを、たくさんしているのです。』 イエスは再び群衆を呼び寄せて言われた。『みな、わたしの言うことを聞いて、悟るようになりなさい。外側から人にはいって、人を汚すことのできる物は何もありません。人から出て来るものが、人を汚すものなのです。{聞く耳のある者は聞きなさい。}』 イエスが群衆を離れて、家にはいられると、弟子たちは、このたとえについて尋ねた。イエスは言われた。『あなたがたまで、そんなにわからないのですか。外側から人にはいって来る物は人を汚すことができない、ということがわからないのですか。そのような物は、人の心には、はいらないで、腹にはいり、そして、かわやに出されてしまうのです。』 イエスは、このように、すべての食物をきよいとされた。また言われた。『人から出るもの、これが、人を汚すのです。内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。』」



人間の罪とは何か


今日の聖書朗読で主がここで語られた「人間の罪」について、お話したいと思います。人間の罪とは何でしょうか。マルコの福音書第 7 章は、私たちの罪を詳細に記録しています。

人々は罪について独自の基準があります。罪を欠点と定義する人もいます。そして、罪は人の間違った行動であると考える人もいます。韓国では、両親が亡くなると、その息子たちや娘たちが大きなお墓を掘り、丁寧に下ろしてから、土でお墓の上に小山を作り、草で覆います。その後、生き残った子供たちは定期的にこの墓地に行き、墓を覆う草の世話をします。そして、彼らはこれが子供たちの忠実な義務であると言います。ですから、もし誰かがこれをしなければ、その人は重大な罪人として責められるでしょう。

他の国はどうでしょうか。パプアニューギニアやアマゾン森林には、文明がまだ発達していない遠隔地がいくつかあります。先住民族がそこに住んでいます。しかし、人が死んだら、動物が死体を食べないように、その子孫が死んだ親の周りに集まって、死体を食べると言われています。死体を茹でるのか、生で食べるのかはわかりませんが、虫が食べないように、集まって親の肉を食べるのは親孝行だと思っています。したがって、親に対する親孝行の概念でさえ、異なる社会で独自の区別を持って、それぞれの文化とは異なります。

親に対する親孝行の多くの概念があるように、人間の思考によると罪の多くの異なる概念があります。不正行為は罪であると言う人もいます。このように、人々は自分の価値観や基準に従って罪の概念を定義します。一部の人々は自分たちの倫理と道徳的基準に従って罪を判断します。彼らは、守らなければならない社会的規範に照らして行動を見て、それがそうした基準から外れたときにそれを罪と見なします。

韓国では、言い伝えられてきた儒教の教えに照らして罪を定めている人もいます。ですから、両親を忠実に尊敬しないなどの美徳に従わないことは、人にとって重大な罪だと彼らは考えています。彼らは、儒教の規範に従うことが非常に重要であると考えています。彼らは、死んだ先祖を崇拝し、すべての献身をもって忠実に両親の世話をしていれば、罪はないと信じています。このように、この世界には多くの異なる罪の概念があります。

ですから、神のみことばに照らして罪とは何かを知る必要があります。では、神が語られている人間の罪とは何でしょうか。私たちのどの部分が罪となるのでしょうか。神が私たちに罪とは何かをはっきりとおっしゃったとしても、人々は一般的にこれを正しく知りません。みことばに細心の注意を払わなければならないのは、そのためです。それが、人間の罪について正しく理解できる唯一の方法です。人間の罪とは何でしょうか。神のあわれみのみことばを信じることなしに、ただ神のみことばを守ろうとするのは、罪です。

ここで聖句を見てみましょう。イエスがこの世におられたとき、数人のパリサイ人と律法学者がエルサレムでイエスの周りに集まり、イエスの弟子たちが手を洗わずにパンを食べているのを見ました。したがって、パリサイ人と律法学者はイエスとその弟子たちを指さし、「なぜ彼らは罪を犯すのか」と考えました。彼らは、自分たちの祖先によって構成された長老たちの言い伝えによると、それは罪であると規定しました。聖書は、ユダヤ人が人間の作り出した言い伝えだけが重要であると考えていたため、神のみことばを捨てたと記録しています。

パレスチナ人が全身にほこりをかぶって家に帰ってきたなら、どのようなことが起こるでしょうか。彼らの手と足、そして彼らの服はほこりで覆われているでしょう。一言で言えば、彼らはほこりで覆われているでしょう。そのため、家に帰ると、まず洗面器に水を注ぎ、手足をきれいに洗い、着物からほこりを払ってから家に入ります。そして、何かを食べる前、そして食べ物を作る前でさえ、彼らは以前にきれいに洗われた必要な台所用品を取り出して、それを再び洗いました。そして、彼らは「杯、水差し、銅器」を洗ったと書かれています。

人々でさえ完全にほこりで覆われるようになったとき、家にあるものと何が違うでしょうか。家にあるものはどれだけ塵に覆われているでしょう。人々が手足や台所用品を洗ったのは、このためです。そして、これは人々の受け継がれた言い伝えとなりました。言い換えれば、この習慣は、そのほこりっぽい地域の自然環境のために作られ、受け継がれました。

そのため、あちこちを回って食べたいと思ったら、手足をきれいに洗う必要がありました。もちろん、私たち韓国人も食べる前に手を洗いますが、食べる前に絶対に手足を洗う必要はありません。韓国の人々はそのようなユダヤ人の行動を理解することができないのは、そのためです。しかし、彼らの言い伝えの背景を理解すれば、もう少しよく理解できるでしょう。ユダヤ人たちは、外で遊んだ後、子供たちに「このように手と足を洗う」ように教えました。そして、彼らは自分の子供たちに「家の中ですべての皿を洗った後にだけ食べ物を食べなさい」と教えました。その地域にはほこりが多かったために必要になった教えは、何千年にもわたって受け継がれてきました。イスラエルの約4000年の歴史を通して、大人はこのように子供たちに継続的に教えきて、そして彼らの子供たちは成長し、同じ方法で彼らの子孫にこの同じ習慣を伝えました。そして彼らは子供たちに「中に入る前に必ず手と足を洗わなくてはならない。そうしたら、食べ物を食べることができるんだ」と言いました。したがって、それが長老たちの言い伝えとなりました。

それからある日、イエスはユダヤ地方のエルサレム近くのベツレヘムと呼ばれる小さな村に生まれました。そして、イエスが成長したとき、彼は弟子たちと一緒にエルサレムに行きました。そして、律法学者とパリサイ人もそこに集まりました。イエスの弟子たちのグループがあり、イエスの弟子ではない人たちもいました。そして、その家の所有者は、人々がそこに集まったときに、通常、招待客に食事を提供するのが風習でした。これは韓国の風習に似ています。これは妥当な風習です。イスラエルの風習と韓国の風習の間には多くの類似点があります。

さて、何が起こったのでしょうか。イエスの弟子たちは食べ物を取り、手足を洗わずに食べました。彼らは、誰もが食べる前に手と足を洗わなければならないと思った人々の前で、これをしました。イエスとともにそこにいたパリサイ人と律法学者たちは、次のように考えました。「なんて無知な奴らだ!非常に無知だ。」 イエスの弟子たちがこのように振る舞ったので、彼らは誰に指さしたでしょうか。ここで侮辱されたのは、イエスでした。それは聖書に記録されています。「それから、パリサイ人と律法学者は彼に、『なぜあなたの弟子たちは長老たちの伝統に従って歩かず、洗っていない手でパンを食べるのか』と尋ねました。」 彼らはこのやり方でイエスに挑みました。イエスはどのように反応なさったでしょう。イエスはおっしゃいました。「イザヤはあなたがた偽善者について預言をして、こう書いているが、まさにそのとおりです。『この民は、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。彼らが、わたしを拝んでも、むだなことである。人間の教えを、教えとして教えるだけだから。』」 イエスはまた、次のようにおっしゃいました。「あなたがたは、自分たちの言い伝えを守るために、よくも神の戒めをないがしろにしたものです。」

神は外見ではなく、人々の心の中心をご覧になります。パリサイ人と律法学者がイエスに、「なぜ、あなたの弟子たちは、昔の人たちの言い伝えに従わないのですか。食事をする前に手足を洗うという長老たちの受け継がれた教えを守らないのですか。」 それからイエスは、彼らに答えておっしゃいました。「イザヤはあなたがた偽善者について預言をして、こう書いているが、まさにそのとおりです。『この民は、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。』」

一般的に、人々は先祖から受け継がれてきた言い伝えや教えを捨てることは、罪だと考えていました。では、イスラエルの民は何をしたでしょうか。彼らは神の戒めを捨て、先祖の教えとして受け継がれてきた人間の言い伝えに従いました。

しかし、私たちの主は、「神のことばを捨てることは罪です」とおっしゃいました。では、罪とは何でしょうか。罪とは神のみことばを捨てることです。もちろん、人間が犯した罪過、不正行為、欠点、そして私たちがしなければならないことをしないことは、すべて罪です。しかし、神のみことばを捨てることは本当の根本的な罪です。



私たちの主は何を最も憎まれるのか


それは、神のみことばを真理として信じる代わりに、それを捨てることです。神は、これを最も憎まれます。そして、神はご自分のみことばを信じない者を最も憎まれます。主とパリサイ人の間の罪の概念の違いは何でしょうか。私たちの考えと神のお考えの違いは何でしょうか。しかし、神は、私たちが神のみことばを信じず、それを無視すれば、それは罪であるとおっしゃいます。神は、私たちが神の真理のみことばを信じて受け入れると、それは公正であるとおっしゃり、私たちは良くやったのだとおっしゃいます。

人間の罪とは何でしょうか。罪のギリシャ語でHamartia)の本来の意味は、「的を外すこと」です。神のみこころに従って、みことばを信じないのは、罪です。神のみことばを信じることは、完全に的を射ていることです。言い換えれば、神のみことばを認めないことは罪を犯しているということです。神のみことばを信じず、それを捨てることは罪です。神は創造の前から存在なさり、それから神はこの世界を創造なさいました。したがって、神ご自身がこの世界のご主人です。

パリサイ人の罪について神は何とおっしゃったでしょう。聖書には、人々が神のみことばを捨て、人間の言い伝えをより重要視することは罪であると、イエスがおっしゃったことがわかります。私が言っていることがわかりますか。パリサイ人はイエスの目には絶対的な偽善者です。彼らは外見だけを立派に飾った人たちでした。

イエスはパリサイ人たちを見て、「どのように神を信じ、わたしを尊敬し、あがめることができるというのか。また、エホバ神を敬うとはどういうことか」と、彼らを裁かれました。彼らは、神の御目には罪人です。彼らは外見だけに基づいて他人をさばき、神のみことばを完全に無視しました。さらに、彼らは人間の言葉を非常に重要だと考えました。それが罪です。これは罪の中で最大の罪です。神のみことばを認めず、それを捨てること、それは最大の罪です。

エペソ人への手紙第 2 章 1 節には、次のようにあります。「あなたがたは自分の罪過と罪との中に死んでいた者であって。」 ここで聖書は、罪過と罪と呼ばれる二種類の罪を分類しています。私たちがこの世界に住んでいると、私たちは時に欠点があります。私たちは、それを罪過または違反と呼びます。私たちの欠点のゆえに私たちが犯す罪は、罪過と呼ばれます。私たちの欠点のゆえに私たちが行ないで犯す罪もまた、罪過です。しかし、間違い、違反は聖書で欠点または欠陥と呼ばれます。このように、罪は罪過と罪に分けられます。

しかし、神の前に犯された大きな罪とは、神のみことばを認めないことです。これは神の前に深刻な罪です。神のみことばを信じなかった人々は、本質的に、神の前に最も深刻な罪人になります。イエスが今日の聖句でパリサイ人を叱責なさったのは、そのためです。イエスは、彼らが神の戒めを捨てたとおっしゃっていました。創世記から申命記までの旧約聖書でモーセによって記録された最初の五冊の本である「モーセ五書」に記録されているように、イエスは彼らが神のみことばを捨てたとおっしゃっていました。それは、パリサイ人が神のみことばのすべきこととすべきでないことを捨てたことを意味します。



神のご命令とは何か


イエスは今日の聖句で神の戒めに触れました。神の戒めには613の条項があります。「これをしなさい。これをしてはならない。このように寝なさい。これをしてはならない。しかし、このようにして、あることをしなさい。」 彼らはみな、そのようなことを言います。私たちがよく知っている十戒はまた、しなければならないことと、してはならないことについても書かれています。彼らは皆そのようなことを言います。 私たちがよく知っている十戒は、すべきこととすべきでないことについても語っています。 旧約聖書のレビ記は次のように記録しています。「男性はこれをしなければならず、女性はそれをしなければなりません。 動物が溝に落ちたら持ち上げます。 これを実行しますが、実行しないでください。」 神が語られたそのような法令は613あります。 613の法令は法律を構成します。 神が私たちに命じられたすべきこととすべきでないことは、単なる人間の言葉ではなく、神の言葉であるため、私たちはこれらの戒めを継続的に再確認し、従わなければなりません。 私たちは彼らを信仰をもって守らなければなりません。 私たちには彼らのそばに住む能力がなくても、それが神の言葉であることを認めなければなりません。 私たちは、みことばが正しいことを認めなければならないと言っています。

神の言葉の中で正しくない部分はありますか?正しくない一節はありません。しかし、イスラエル人は本質的に神の言葉を捨てていました。神の戒めが613法であろうと1000法であろうと、彼らはそれらのどれも認めなかっただけです。長老たちが言ったことは、神が言われたことよりも重要で尊敬されていました。ですから、イエスがこの世にいた時でさえ、イスラエル人は神の言葉ではなく、長老たちの伝統に従って信じ、行動しました。そして、イエスはそれを最も嫌っていました。

そして、神は私たちに何とおっしゃいますか? 「神は彼ら全員を不従順にすることを約束されたので、神はすべてを憐れんでおられるかもしれない」と書かれています(ローマ11:32)。神は、私たちが御言葉を完全に守ることができないことを知っています。しかし、神は私たちを憐れんでくださったので、私たちを自分の子供にしたかったのです。



神が私たちに律法を与えてくださった目的があります


もちろん、神は私たち人間が私たちに与えられた律法の言葉を完全に守ることができないことを知っていました。しかし、私たちが理解しなければならないことは、神が私たちに語られたすべての言葉を忘れたり無視したりしてはならないということです。私たちがしなければならないことは、神の臨在の前に、神の言葉が常に正しいこと、そして私たちが本当に堕落していることをはっきりと認めることです。ですから、私たちが本当に偉大な罪人であることを認めさせるために、私たちの主は私たちに律法をお与えになりました。

神はどのような目的で私たちに律法をお与えになりましたか?私たちの女性信者、私たちの愛する姉妹たち、神は私たちにどのような目的で律法をお与えになりましたか?その目的は何ですか?あなたはこれを本当によく理解していますね。神はどのような目的で私たちに律法をお与えになりましたか?それは私たちに自分の罪を悟らせることです。そのとおり。それは、神が私たちに私たちの罪を認識させるための律法を与えてくださったことを意味します。

神は私たちが律法を手紙に留めることができると考えて私たちに律法を与えましたか?それとも、彼は私たちに私たちの欠点と罪を理解させるための律法を与えましたか?神はどのような目的で私たちに律法をお与えになりましたか?主が私たちに律法を与えられた目的は、私たちに罪を理解させることでした(ローマ3:19-20)。

ですから、パリサイ人や律法学者を含むイスラエル人が律法を守ることができなくても大丈夫でした。しかし、彼らは神の言葉を神の言葉として認めるべきでした。彼らが神の言葉を無視したり捨てたりするのは間違っていました。しかし、イスラエル人は神の言葉を軽視しました。彼らは神の言葉の権威を軽視しました。

ローマ人への手紙第3章は、神が私たちに罪の知識を持たせるために律法をお与えになったと述べています。ですから、神が私たちにそれを守るための律法を与えられなかったことを私たちは理解できません。では、私たちは律法を通して何を理解しましたか?神の戒めのすべきこととすべきでないことを述べている613の法令を通して私たちは何を理解すべきでしょうか?私たちはこれらのことを考えなければなりません。

私たちは律法によって自分の欠点と罪を悟らなければなりません。私たちは神の臨在の前に自分の罪を悟らなければなりません。律法の前に自分の罪を悟ったらどうしたらいいでしょうか。もちろん、不足していてもそれを維持するよう努めなければなりません。しかし、もっと重要なことは、私たちが律法を通して自分の罪深い自分を知らなければならないということです。神は私たちに罪を悟らせ、私たちが本当に罪人であることを理解させ、神に助けを求め、イエス・キリストを信じさせる目的で、私たち人間に律法をお与えになりました。このように、神様はイエス・キリストへの信仰によって私たちを子供たちと民にするために律法をお与えになりました。

今でも、律法を守ろうと頑張っている人はたくさんいます。しかし、イエスはこの節で、「神の戒めを脇に置くために、あなたは人の伝統を保持している」と言われました。私たちはすべての律法を完全に守ることができない人々です。しかし、律法を守ることができないという理由だけで、神の言葉をすべて拒絶してはなりません。言い換えれば、神の法則を認めないのは間違っています。神の律法を認めた瞬間に、自分の欠点を認めることができます。これは何を意味するのでしょうか?人は、神の律法を通して自分の無力さと罪を理解することによって、自分が罪人であることを認めるようになります。

神の律法を心から認めますか?今、神の律法の言葉を認めましょう。私たちは神の臨在の前に私たちが罪人であることを認めなければなりません。私たちが神の律法の前に立つとき、私たちには多くの欠点があることを認めなければなりません。次に、神の律法を認めた後、私たちは神に救いを求めます。私たちは、すべての罪から私たちを救い、神の助けを求めることができる唯一の救い主であり神であるイエスの前に行かなければなりません。神は私たちがそのような態度を持っているかどうかを見ています。

しかし、神はどのような目的で私たちに律法をお与えになりましたか?神は私たちに欠点があり、私たちは罪人であることを丹念に教える律法を私たちに与えてくださったので、私たちは自分の努力で神の臨在の前に正直に立つことはできません。罪深さを認めるようになった人々を救うために、神は御子イエス・キリストをこの世に送って、すべての人間からすべての罪を清め、イエス・キリストにバプテスマを受けさせ、十字架に血を流させました。ですから、私たちの神は、水と御霊の福音を信じることによって、私たちに罪の赦しを受けさせ、神の子供となるための律法を与えてくださいました。

神はアダムの子孫である私たちすべてに律法をお与えになりました。そしてそれによって私たちは自分の罪を理解するようになりました。そして、彼は私たちが本当に完全な罪人であることを認めさせました。ですから、神様はイエス様の義を信じ、すべての罪から解放されることによって、子供になるという祝福を私たちに与えてくださいました。神はアダムの子孫に律法を与えて、彼がすべての人間のために成就したすべての祝福を彼らに与えさせました。神がこの律法をお与えになった理由をまだ理解しておらず、弱いのに律法を守ろうとするのは、神の呪いの下に住む人々です。

私たちは律法を与えることによって神の意図を明確に理解しなければなりません。初めに神はこの宇宙とあなたと私を彼の言葉で創造しました。ですから、私たちは神の言葉から信仰を始めなければなりません。そして、私たちの思考は、神の言葉の中で展開し始めなければなりません。私たちは神の言葉に従ってすべてのことを考え、判断し、信じなければなりません。これが最も正しい概念です。

私たちは神の言葉の基準に基づいて神を信じなければなりません。そうしないと、自分の基準で神様のことを考え、自分の考えに従って行動すれば、間違いなく間違いに陥ります。今日の聖書箇所のパリサイ人と律法学者たちは、神の言葉に照らして自分たちを見ていたら、汚れた手でパンを食べたことでイエスの弟子たちを叱責することはできなかったでしょう。それは、人の口に入ったものは、心臓ではなく胃に入り、通過するため、その人を汚すことはできないからです。人を本当に汚すのはこの世の食べ物ではないからです。人々は、胃に入る食物のためではなく、心から生じる罪のために汚されます。これわかりますか?



私たちはすべての罪を受け継いだアダムの子孫です


人間から出てくるものは、邪悪な考え、姦淫、淫行、殺人、盗難、貪欲、邪悪、欺瞞、スケベ、そして邪眼です。これらの汚い罪はすべて人から出て、その人を汚します。イエスが聖書の中で言われたように、食べ物ではなく彼を汚すのは誰かの内なる罪です。

ローマ人への手紙第11章32節は、「神は彼ら全員に不従順を約束しました。神はすべてを憐れんでおられるかもしれません」と述べています。神は人間について何と言われましたか?神は彼らを憐れんでおられると言われます。神は水と御霊の福音を通して人々に憐れみを授けることによって私たちを子供たちにされました。神の目的と意志は、私たちを神の民にすることを目的としていました。これわかりますか?だからこそ、彼は私たち全員をアダムの子孫として生まれさせたのです。そして、神はもともと私たちを愛しておられたので、彼は私たちを天使より少し少なくしました。彼は私たちを憐れんでいたので、私たちを自分の子供にしたかったのです。神は私たちを神の愛から私たちを作るために計画し、その計画を実現させました。

私たちの生き物は、私たちが完璧だからではなく、神の子供になりました。私たちは神への愛によって神の子供になりました。神の憐れみから水と御霊の福音を私たちに与えてくださいました。神は私たちに、水と御霊の福音を通して私たちを彼の子供たちにする救いの恵みをまとってくださいました。私たちが義と非難がなく、正直に行動したために、私たちが神の子供になり、罪がなくなったと思いますか?いいえ、そうではありません。もし私たちの救いが私たちの功績によって私たちに与えられたのなら、これは神の憐れみではありません。イエス・キリストがバプテスマのヨハネから受けたバプテスマによって一度にすべての罪を犯され、私たちを憐れんでおられたので、私たちの信者は神の救いの恵みによって神の子供になりました。

私たちは神の律法によって絶対的な罪人になり、水と御霊の福音を信じることによって、その神の恵みに入りました。神は私たちを信仰による救いの恵みに入らせることによって私たちを神の子供にされました。それは、彼が私たちの生き物を創造者のような存在として持ち上げたことを意味します。あなたは神がなされたこの働きを理解していますか?

聖書はこう言っています。「ああ、神の知恵と知識の両方の富の深さ!彼の判断と過去の発見の仕方はどれほど検索不可能なのでしょう!」 (ローマ11:33)神の知恵はどれほど素晴らしいですか。完璧な知恵と知識の豊かさは私たちの主にあります。彼の判断は計り知れず、彼のやり方は検索できません。なぜ人々がそのような欠点を持って生まれたのか誰が知っていますか?しかし、私たちはイエス・キリストに会うときにその理由を知るようになります。ああ、富の深さはなんと計り知れない!

使徒パウロは、私たちと同じように、水と御霊の福音を信じて新たに生まれました。彼はこう言うことができました。「ああ、神の知恵と知識の両方の富の深さ!彼の判断と過去の発見の仕方は、なんと検索不可能なのでしょう。主の心を知っているのはだれですか。それとも、誰が彼のカウンセラーになりましたか?」 (ローマ11:33-34)それは、水と御霊の福音を信じることによって罪から新たに生まれたからです。誰が神のカウンセラーになりましたか?誰があえて神の計画を神と共有したのですか?これを考えてやったのは神ご自身でした。ただの生き物としての私たちは、誰かが私たちに神の子供になる方法を教えてくれたからではなく、神の考えと計画だけで神の子供になりました。あなたはそう信じますか?

したがって、天国のすべての天使でさえ驚いた。天使たちは私たち人間よりも高い地位を持っていました。聖書は、神が私たちを天使より少し低く創造したことをはっきりと教えています。

「私があなたの天国、あなたの指の働きを考えるとき、

あなたが定めた月と星、

あなたが彼に気を配っている人は何ですか、

そして、あなたが彼を訪ねる人の子?

あなたは彼を天使より少し低くしたので、

そして、あなたは彼に栄光と名誉を授けました」(詩篇8:3-5)。人間は最初は天使より少し低くされていましたが、突然天使より高い位置になりました。水と御霊の福音を信じた人々はすでに神の子になりました。だから天使たちは驚いたのです。

では、神の子はどのような存在なのでしょうか。彼らは神に似た存在です。もちろん、彼らは神ではありません。しかし、罪の赦しを受けたのは天国に属する人々です。詩篇の書がこう述べているのはそのためです

「私があなたの天国、あなたの指の働きを考えるとき、

あなたが定めた月と星、

あなたが彼に気を配っている人は何ですか、

そして、あなたが彼を訪ねる人の子?」

神は私たちを滅びの真っ只中に置いておくだけでなく、一方的に私たちを愛し、私たちの罪のために滅ぼされざるを得ない私たちを憐れみ、私たちの罪をすべて消し去って私たちを神の子供としました。神は私たちを罪のない者にすることによって私たちを彼の子供たちと彼の民にされました。それで詩篇の作家は言った、「主よ、私たちの主よ、あなたの名は全地でなんとすばらしいのでしょう」。

そして使徒パウロはここの新約聖書で同じ感嘆の言葉を言いました。彼は、この救いの真理はとても不思議で深いと言いました。私たち単なる生き物が神の地位に達したということは、神の憐れみによって明らかにされています。それは私たちに対する彼の同情からなされます。神の救いの恵みがなければ、私たちが神の子になることは不可能です。これはすべて神の愛です。

私たちが本質的に欠けているにもかかわらず、私たちが神の律法を守るために一生懸命努力するのは正しいですか、そして私たちが神の律法に住み、少し頑張って、存在する前に行くためにもう少し努力するのは正しいですかザ・ロード?あるいは、神が私たちに与えられた律法の意味と目的を理解して、私たちの罪を正しく理解し、私たちが危険な罪人であり、したがって神の前に神の憐れみを望んでいることを理解するのは正しいことではありませんか?そうですよね?私たちが神の臨在の前に、私たちが重大な罪人であり、神の憐れみを求めていることを真に悟るのは正しいことです。しかし、神が私たちに与えてくださった律法の目的を理解せずに、自分で義となることを試みるのは正しいのでしょうか。

したがって、重要なことは、私たちが神の言葉をどのように理解するかということです。罪とは何ですか?神の言葉を信じないことは罪であり、神の言葉を認めないことは罪であり、神の臨在の前に欠けているものはすべて罪です。神の言葉は罪であるため、この聖書を信じないでください。水と御霊の福音は罪であると理解していても、それを信じたり無視したりしないでください。

言葉は神です。ですから、神の言葉を信じないことは大きな罪です。ですから、私たちは皆、神の言葉を通して神を知り、信仰を通して罪の赦しを受けなければなりません。私たちは、神の言葉に従って考え、記録された言葉に従って信じることによってのみ、罪からの救いを受けます。そうすれば、私たちは信仰によってのみ、私たちの内にある重い罪の赦しを受けることができます。

人は、神の言葉と神の律法を理解し、認めた瞬間に、完全に罪人になります。神の律法を認める人は徹底的に罪人になり、そのような人は神の義を求め、神からの憐れみを望み、水の福音を信じることによってすべての罪から完全に解放されます。そのような人は、神の言葉である神の戒めを認めるとき、自分が本当にどれほど不完全であるかを知るようになることができます。彼は神の臨在の前に彼がどんな不十分な罪人であるかを理解するようになります。律法を少し守ったからといって、自分の義を自慢することはありません。聖書に記録されているすべきこととすべきでないことの613の法令を理解すると、助けを求めて叫びます。「神様、私はこの法律を守っていませんが、この他の法律も守っていません。そして神様、私はあなたの戒めを完全に守ることはできません。神様、私はあなたのすべての戒めを守ることはできません。私はそれらすべてを保つことはできません。私を罪から救ってください。」自分が罪人であることを完全に理解している人は、このように神を求めます。私たちは自分の悪行のために罪人になることはありませんが、私たちは本質的に罪の塊としてこの世界に生まれているので、私たちは罪人であることを認めます。そして、私たちの中には、神の戒めに完全に反するこれらの罪しかありません。神の律法を認める人々は、これを完全に理解するようになります。

イエスは何と言いましたか?彼は言った、「人から出てくるものは彼を汚します。神が与えるすべての食物は決してだれも汚すことはできません。世界のすべてのものはきれいです。」そして彼はさらに言った、「しかし彼から出てくるもの、それらは人を汚すものです。」



人間はもともと罪人です


アダムの子孫として生まれるとはどういう意味ですか?それは、私たちが生まれてから罪を持って生まれていることを意味します。そして、私たちは本質的に罪を持って生まれたので、私たちの心から出てくる罪で生涯を通して罪を犯します。すべての神の法と戒めは直立しています。私たちに語りかける神という言葉には何の問題もありません。ですから、神の律法を知るようになると、私たちは神の戒めとは正反対の罪人であることがわかります。この真理は、最初の罪人であるアダムから受け継いだ、人間の罪の傾向、本来の罪深さについて語っています。したがって、そのような人々は神の臨在の前にひざまずき、神に同情を求めるべきです。神の愛だけが私たちを本当に罪のないものにすることができます。私たち人間は、神の臨在の前にのみこれを求めることができます。私たちは自分の仕事で何のメリットも得られず、少しでも罪を減らすことができないので、神の憐れみと神の愛の救いを求めることができることを理解するようになります。ですから、私たちは主の前に来て、無条件に主の前にひざまずきます。それから私達は言います 「主よ!私を憐れんでください。」

聖書に記録されているダビデの記述を見てください。ダビデは言った、「主よ、あなたがわたしが義であると言われるならば、わたしは義であり、それは主の言葉の裁きに従って行われます。あなたが私が罪人であり、私が地獄に行くに値する以上のものであるとあなたが言うならば、私は罪の塊です。しかし、あなたが私が正しいと言うなら、私は正しい人です。神が私を救われれば私は救いを受け、神が私を地獄に送られれば私は地獄に行きます。主よ、それはすべてあなた次第です!」ダビデは神をそのように認めました。

これは本当に直立した信仰です。これが、罪の赦しを受けることができる信仰と正しい態度です。 「これをいつも聞いているのに、なぜそんなに強調して退屈に言っているのですか?」と言う人もいるかもしれません。しかし、私たちは罪が実際に何であるか、そして何が私たちの罪を構成するかを正しく理解しなければなりません。

私たちはアダムの子孫だと言いました。そして私達は私達が罪人であることを知っています。それでは、あなたの心にはスケベがありますか、それともありませんか?有る。しかし、神は私たちに何とおっしゃいますか?神は私たちに姦淫を犯さないように言われます。あなたの心の中に殺人の心がありますか、それともありませんか?有る。しかし、神の言葉は私たちに殺人を犯さないようにと言っています。しかし、あなたの心の中に他の人を虐待する心はありますか、それともありませんか?有る。神の言葉は私たちに両親を敬うように言っていますが、私たちは本当に両親を正しく尊敬していますか?神の言葉はとても正しいです。神の言葉に照らして自分自身を見るとき、私たちは本当に邪悪な人々です。これは正しいですか?正しいです。



では、罪から救われるために私たちは何を信じなければなりませんか?


私たちはまず、神の臨在の前に完全に罪の塊にならなければなりません。そうすれば、私たちは自分たちが神の前で罪人であることを自分自身で認めることができます。今日、良い行いをしたとしても、私たちは罪人です。同様に、私たちも善行をしていなくても罪人です。私たちが人間の肉で生まれたなら、たとえ私たちが罪のイオタを1つも犯さず、私たちが実際に罪を犯した場合だけでなく、私たちが何も悪いことをしなかったとしても、人々は神の臨在の前に大量の罪を犯した完全な罪人です作業。それは、私たちが最終的に地獄に行く運命にある存在であることを意味します。あなたはこれを信じますか?

私たちは、悪行を犯したり、姦淫を犯したり、盗んだり、他の人を殴ったり、他の人を虐待したりして罪人になったのではありません。私たちはもともと罪を持って生まれたので、私たちは罪人です。私たちは、神とは正反対の性質を持って生まれたので、地獄に行かざるを得ない罪人です。罪を持って生まれた人は、殺人の心を持って生まれた人が殺人を犯さなかったという理由だけで、あるいは盗みを犯した心を持った人が盗難を犯さなかったという理由だけで義人であると言うことができますか?あなたはこのことについてどう思いますか?私たち人間は本質的に正しいとは言えません。

聖書は、仕事志向の信仰または法志向の信仰は「偽善的」であると明確に述べています。イエスはパリサイ人と書記官に「あなたに災い、書記官とパリサイ人、偽善者」と非難しました。彼は彼らの行動は偽善的だと言っていました。彼らはすでに罪の塊として生まれているので、人々は生涯を通して罪を犯します。これは人間に関する神の完全に正しい見方です。でも、「一生拳を使ったことがなく、盗んだこともない」と言う人もいるかもしれません。したがって、私は一度も罪を犯していません。ですから、私は罪人ではありません。」彼らは罪の塊として生まれましたが。しかし、それは神の臨在の前にあります。神は私たちを裁かれます。「あなたは罪の塊です。あなたは罪人です。」ですから、一度も罪を犯さなかったとしても、私たちは罪の塊として生まれた罪人であり、地獄に行くに値するのです。律法を少し守り、戒めを少し守ったとしても、私たちはまだ罪人です。結局地獄に行かざるを得ない。

では、どうすればよいでしょうか。私たちは神から同情を受けなければなりません。これが私たちにできる唯一のことです。神が私たちの罪を赦された場合にのみ、私たちは私たちの罪の赦しを受けることができます。しかし、彼が私たちの罪を消し去らなければ、私たちは自分の罪を負い、地獄に行くしかないのです。私たち人間はそのような運命を持って生まれました。

「彼のために、そして彼を通して、そして彼にすべてのものがあり、永遠に栄光を帰します。アーメン」(ローマ11:36)。この宇宙のすべてのものは、主を通して、主を通して、主にあります。この宇宙のすべてのものは神を通して創造されました。そして神はすべての人間を創造されました。神が人類を創造された理由は、私たちを神の子供とし、天国で私たちと永遠に共に生きるためです。神はその目的のためにあなたと私を創造されました。創世記第2章では、これについてすべて説明しています。さらに、私たちが神の子供になることは、私たちの働きに依存するのではなく、神が一方的に私たちに与えてくださった神の愛と恵みに依存していることを示しています。そうじゃない?



神の言葉を認める人々は、彼らが完全な罪人であることを認めます


彼らは自分たちが何をしても地獄に行かざるを得ない罪人であることを認めるようになります。そして、このようにみことばを認めるこのような人々は、やがて、彼らがまさしく神のことばによって完全に義にかなった人々であることを理解するようになります。ですから、みことばを捨てて、神のことばを認めないのは罪です。そのような罪を犯した人は永遠に罪人のままです。しかし、神の言葉を認める人は、最初に罪人になり、次に完全に義人になります。これは神の言葉によって新たに生まれています。これは神の恵みをまとっています。

罪とは何ですか?神の言葉を認めないことは罪であり、言葉を捨てることは罪です。マルコによる福音書第7章で、イエスは私たちに罪についてはっきりと語っています。パリサイ人と律法学者の誤解のこの図解を通して、イエスは罪が何であるかを明確に定義しました。

神は、神によって創造された人間が、最初に神の言葉を認めることによって罪人になり、次に信仰によって神の救いの言葉を信じることによって義となることを望んでおられました。それは、神が創造主であったので、神が私たちに対する神の計画を完全に成就したかったことを意味します。したがって、神の言葉を捨てて神の言葉を認めない場合、その人は最大の罪人になり、地獄に送られるに値します。ですから、私たちは神の言葉を正しく明確に理解しなければなりません。私たちは罪が何であるかを明確に理解しなければなりません。これをもう一度繰り返します。私たちはかつて完全に死ぬ運命にありましたが、神の言葉を真に認め、信じたとき、私たちは完全に義にかなった人々になります。

ガラテヤの書の第3章10節を見てみましょう。「律法の働きの多くがのろわれているからです。なぜなら、「呪われているのは、律法の書に書かれているすべてのことを続けて、それを行うわけではないすべての人です。」ここに何が記録されているのでしょうか。律法の働きを受けている人々はのろわれていると言われています。今でも神の言葉である神の律法を守ろうと努力している人々は、今でも神の呪いの下にあります。悔い改めの祈りをささげ、功績のある行いをすることによって罪を清めようとしている人々は、いまだに神の呪いの下にあると私たちに告げています。

「それゆえ、律法の行いによって、肉は彼の目には正当化されないでしょう。律法によって罪の知識があるからです」(ローマ人への手紙第3章20節)。神は私たちに罪の知識を持たせるための律法を与えてくださいました。神は私たちが律法を守ることができると思ったので、私たちに律法を与えませんでした。では、神が私たちに律法を守ることを期待していなかったのに、なぜ神は私たちに律法をお与えになったのでしょうか。彼は私たちに私たちの罪深い性質を知らせるための律法を与えてくれました。これが、彼が私たちに律法を与えた理由です。ですから、神の言葉を認めないのは大きな罪です。

次に、「みことばに従って生きようとすることは、どうして罪になるのでしょうか」と尋ねることができます。もちろん、神を恐れ、神に従おうとすること自体は間違いではありません。しかし、神は人間の心は本質的に殺人、姦淫、そしてプライドの心であると言われました。そして、そのような邪悪な心を持っているとき、私たちが律法を守ることができると考えるのは傲慢です。では、神の臨在の前に、どのような人がすべての罪から救いを受けるのでしょうか。神の言葉を信じる人、神の言葉を認める人、神の言葉を認めることによって神からの罪の赦しを求める人は、すべての罪から救われます。そのような人々だけが神とその子供たちの人々になり、天国に行くことができます。私たちは、神の言葉のすべてを信じることによってのみ、罪からの救いを受けます。

私たちは神の言葉を信じることによってのみ、神のすべての祝福を受けます。私たちは、律法を守ることによってではなく、神の言葉を信じることによって救いを受けます。そのような人々だけが、水の福音と神が与えてくださる御霊を信じることによって罪の赦しを受けることができます。しかし、今日のほとんどのクリスチャンは、神が私たちの罪深い性質を理解するために私たちに律法を与えてくださったとしても、律法を守るために一生懸命努力しています。ほとんどのクリスチャンはこんな感じです。律法を守ろうとする彼らの考えは称賛に値しますが、彼らは神が彼らに罪の知識を持たせるために律法を与えられたと本当に信じなければなりません(ローマ3:20)。言い換えれば、彼らは神の法則に従って生きることができるという傲慢な考えを捨てなければなりません。そうして初めて、彼らは神の憐れみ深い愛を受けることができます。もう一度言いましょう。罪の赦しを受けるためには、まず傲慢さを取り除く必要があります。

神は、律法を守ろうとし、律法の働きをしている人々はのろわれていると言われます。神は、記録された神の言葉によってのみ生きることによってのみ、聖化され、清くなり、義にかなった天国に入ることができると考え、信じる人々は、今でも律法の働きを受けており、したがって呪われていると言われています。神の。彼らは今でもこれを当然のことと考え、「私は神を救い主として信じていますが、それでもみことばに従って生きなければなりません」と考えています。

では、人々は神の言葉に従って生きることによって義となるのでしょうか?いいえ、決して!彼らはまず、神の言葉を認めることによって完全な罪人にならなければなりません。彼らはまず自分の罪のために地獄に行かざるを得ない罪人にならなければなりません。そして、彼らはイエス・キリストという言葉を信じる信仰によって完全に義にかなった人々になります。ですから、神は信仰の法則を通して私たちを罪から救う水と御霊の福音を確立されました。神は、人間の働きによってではなく、水と御霊の神の福音を信じる信仰によって私たちを罪から救われました。神は私たちを世の罪から救うためにそのような救いを決心しました。

水と御霊の福音によってもたらされた神の言葉を認めないのは人間の罪です。では、なぜそれらの罪深いクリスチャンは彼らの罪の赦しを受けることができなかったのでしょうか?彼らは、水の福音の言葉と神が語られた御霊を認めなかったので、罪の赦しを受けませんでした。神からこの恵みを受けた私たちは、他のすべての人間と同じように欠けているにもかかわらず、水と御霊の福音を認めたので、罪の赦しを受けました。

聖書は、「二人の女性が製粉所で挽くでしょう。一人は連れて行かれ、もう一人は去ります」と言っています(マタイ24:41)。それなら、ここに残された女性は石臼を回し続けるのでしょうか、それとも彼女はそうしませんか?もちろん、彼女はそれを回転させ続けるでしょう。なぜ一人が連れ去られ、もう一人が取り残されるのでしょうか?それは、水と御霊の福音によってもたらされた神の言葉を聞いて信じた人が取り上げられたからです。しかし、取り残された人は、この世のものである仕事をし、真剣に律法を守ろうとしただけで捨てられました。したがって、その人は地獄に行きました。

では、なぜ彼女は追い出されたのですか?彼女がそれを信じるのではなく、神の律法、神の言葉を守ろうとしたからです。彼女は、神の言葉をただ信じるのではなく、傲慢な心で神の臨在の前に完全になろうとしたので、このようになりました。これが意味することは、この人が傲慢な心で神に挑戦しようとしたときに地獄に落ちたということです。

彼らが私たちの足を登ろうとするとき、私たちは私たちからバグを叩きのめします。同様に、人間は、神の臨在の前に神の救いの言葉を信じるのではなく、自分の働きで神に登ろうとすると地獄に落ちます。彼らが神の臨在の前に傲慢な心でみことばを保つことによって生きようとするとき、神は彼らを打ちのめします。彼はこのような人々を地獄に送ります。ですから、神に上って神の義に逆らうとき、あなたは確かに地獄に行くでしょう。これわかりますか?

聖書は次のように述べています。「律法の働きの多くはのろわれています。それが書かれているので、呪われたのは、律法の書に書かれているすべてのことを続けないすべての人です。しかし、神の目には誰も律法によって義とされないことは明らかです。なぜなら、義人は信仰によって生きるからです」(ガラテヤ3:10-11)。ここには何が記録されていますか?そのとおり。 「正義は信仰によって生きる」と書かれています。では、どうすれば誰もが義人になることができるでしょうか。義人は信仰によって義人になることができ、義人もそのような信仰によって生きることができます。義人は、彼らの働きが欠けていても、信仰によって生きます。 「善を行い、罪を犯さない人は地上にいないからです」(伝道の書7:20)と書かれているように、私たちは罪を犯していないので義人にはなりません。

神の言葉を信じるのではなく、それを守ろうとするのは罪です。神の言葉を認めないのは罪です。これをもう一度言います。神の言葉を信じないことは、その罪人を地獄に送る罪です。これが重大な罪であることを知ってほしい。

私たちは本質的に私たちの誕生からのアダムの子孫であるため、私たちは神の言葉を適切に保つことができません。言い換えれば、私たちが神の言葉を信じるのは簡単ですが、根本的に罪の塊として生まれた後、私たちは生涯を通して罪を犯すので、それを維持することは困難です。ですから、人間としての私たちには少しも希望がありません。私たち自身にも希望はありません。私たちもまた、生涯を通して罪を犯さざるを得ないからです。そのような罪人である私たちの唯一の希望は、水と御霊の福音を通して私たちをすべての罪から救ってくださったイエス・キリストを信じることです。私たちは彼だけに希望を持っています。ですから、水と御霊の福音によって来られたイエス・キリストを信じる信仰によって、罪からの救いを受けました。私たちは、彼が水と御霊の福音を通して私たちの罪をすべて消し去り、さらに全世界の罪を消し去ったと信じています。私たちは、イエス・キリストを信じる信仰を通して、すべての罪から救いを受けました。

あなたは不十分ですか?はい、そうです。しかし、あなたの現在の状況はどうですか?あなたは水と御霊の福音を通して義人になりましたか?はい、あなたは義人になりました。それでは、あなたは自分の仕事を通して義人になりましたか?律法を守ることによって義になりましたか。それとも、神のご意志に従って一生懸命生きようとしたために義にかなったことはありますか?いいえ、ありません。むしろ、あなたは神の言葉を信じるという信仰を通してだけになりました。

神の義の言葉はすべての人に同じように発表されましたが、信じる人もいれば信じない人もいました。信じなかった人々は地獄に行き、水と御霊の福音を信じる人々は神の子となり、天国に行きました。彼らが水と御霊の福音を信じることを拒否したということは、彼らが神の言葉を認めなかったことを意味します。神の言葉を信じていなくても、神の意志に従って生きようとするのは傲慢です。聖書はこれについて語っています。

私たちは自分の義を取り除く必要があります。私たちが神の臨在の前に罪人であることを認め、水と御霊の福音を信仰をもって認め、私たちは地獄に行かざるを得ない人々であるという理解をもって、神の懐に戻ることができます。私たちは、神が御言葉で私たちをどのように救われたかというこの真理を理解し、信仰をもってそれを握らなければなりません。私たちはこのように信仰を通して罪の赦しの恵みを受けなければなりません。

私たちは神の言葉を信じることによって罪の赦しを受けました。ですから、私たちは神に感謝します。私たちは、働きを通してではなく、神の言葉によって義となるようになりました。戒めの言葉を守ろうと努力しても義とはなりませんが、信仰によってすぐに義になります。水と御霊の福音を信じるだけで義人になります。