Copyright © 2001 - 2019The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.


重要な主題に関する Paul C. Jong 師による説教

主題 1:罪
  • 贖われるためには、まず自分の罪を知らなければならない<マルコ 7:8-9、20-23>
  • 人間は罪人として生まれる <マルコ 7:20-23>

主題 2:律法
  • 律法によって行なえば救われるか <ルカ 10:25-30>

主題 3:水と御霊の福音
  • 永遠の贖い <ヨハネ 8:1-12>
  • イエスのバプテスマと罪の贖い <マタイ 3:13-17>
  • 本来の新たに生まれる福音の意味 <ヨハネ 3:1-6>
  • イエスのバプテスマは、罪人救済の型 <ペテロI 3:20-22>

主題 4:犯した罪を解決する
  • 余すところなき贖いの福音 <ヨハネ 13:1-17>

主題 5:罪の正しい告白
  • どのようにするのが正しい罪の告白か <ヨハネI 1:9>

主題 6:異端
  • キリスト教における偽者と異端者 <イザヤ 28:13-14>

主題 7:予定説と選びの説の誤り
  • 予定説と選びの説の誤り <ローマ 8:28-30>

主題 8:御霊
  • 御霊は神の約束のみことばの内で働かれるく <使徒 1:4-8>
  • 人はほんとうに自身の努力で御霊を得られるのか <使徒 8:14-24>
  • 信じたとき御霊を受けましたか (イエスと三位一体) <使徒 19:1-3>
  • 弟子たちと同じ信仰をもつ人々 <使徒 3:19>
  • 御霊と交わりたいですか <ヨハネI 1:1-10>
  • 御霊が内に宿るように信じよ <マタイ 25:1-12>
  • 信じる者の内に御霊が宿るようにする すばらしい福音 <イザヤ 9:6-7>
  • 誰の内を聖霊の生ける水は 流れるのか <ヨハネ 7:37-38>
  • 聖徒をきよめた主のバプテスマの福音 <エペソ 2:14-22>
  • 御霊によって歩みなさい <ガラテヤ 5:16-26、6:6-18>
  • 御霊に満ちた生を生きるには <エペソ 5:6-18>

主題 9:ローマ人への手紙
  • 福音に示された神の義 < ローマ 1:16-17 >
  • 心の割礼こそ割礼 < ローマ 2:17-29 >
  • 信仰によってのみ罪からの救いはある < ローマ 3:1-31 >
  • 信仰によって天の祝福を受けた者 < ローマ 4:1-8 >
  • 一人の人によって< ローマ 5:14 >
  • イエスのバプテスマの真の意味 < ローマ 6:1-8 >

  • パウロの信仰の要点: 罪に対して死んだ後、キリストと結ばれる < ローマ人への手紙 第 7 章1-4節 >
  • 主をたたえることのできる理由 < ローマ人への手紙 第 7 章 5-13 節 >
  • 神の義は律法の正当な要求を全うする < ローマ人への手紙 第 8 章 1-4 節 >
  • 肉の思いは死であり、御霊による思いはいのちと平安である < ローマ人への手紙 第 8 章 4-12 節 >
  • 誤った教理 < ローマ人への手紙 第 8 章 29-30 節 >

  • 永遠の愛 < ローマ人への手紙 第 8 章 31-34 節 >
  • 予定は神の義のうちで計画されたものであることを心しておきなさい < ローマ人への手紙 第 9 章 9-33 節 >
  • 神がヤコブを愛されたのは不正ですか? < ローマ人への手紙 第 9 章 30-33 節 >
  • 真の信仰は、聞くことから始まる < ローマ人への手紙 第 10 章 16-21 節 >
  • イスラエルは救われるか?

  • 神の前で心を一新しなさい
  • 神の義のために生きる
  • 互いを裁いてはいけない
  • 世界中に福音を広めよう
  • 互いに挨拶する

主題 10:黙示録
  • 神の黙示のみ言葉を聞けく < 黙示 1:1-20 >

  • エペソの教会への手紙 < 黙示 2:1-7 >
  • スミルナの教会への手紙 < 黙示 2:8-11 >
  • ペルガモの教会への手紙 < 黙示 2:12-17 >
  • テアテラの教会への手紙 < 黙示 2:18-29 >

  • サルデスの教会への手紙 < 黙示 3:1-6 >
  • フィラデルフィヤの教会への手紙 < 黙示 3:7-13 >
  • ラオデキヤの教会への手紙 < 黙示 3:14-22 >

  • 神の御座に着かれたイエスを見る < 黙示 4:1-11 >

  • 父なる神の代理として御座に着かれたイエス < 黙示 5:1-14 >

  • 神の定められた七つの時代 < 黙示 6:1-17 >

  • 大艱難の間に救われるのは誰か < 黙示 7:1-17 >

  • 七つの災厄を告げるらっぱ < 黙示 8:1-13 >

  • 底なしの淵からの災厄 < 黙示 9:1-21 >

  • 携挙の時がいつか知っているか < 黙示 10:1-11 >

  • 二本のオリーブの木と二人の預言者とは誰か < 黙示 11:1-19 >

  • 将来大いに損なわれる教会 < 黙示 12:1-17 >

  • 反キリストの出現 < 黙示 13:1-18 >

  • 復活され、携挙された殉教者たちのたたえ < 黙示 14:1-20 >

  • 空中で主の大いなるみわざをたたえる聖徒 < 黙示 15:1-8 >

  • 七つの鉢の災害の始まり < 黙示 16:1-21 >

  • 大水の上に座っている大淫婦のさばき < 黙示 17:1-18 >

  • 大バビロンが倒れた < 黙示 18:1-24 >

  • 全能の主の治める御国 < 黙示 19:1-21 >

  • 竜は底なしの淵に閉じ込められる < 黙示 20:1-15 >

  • 天から下る聖なる都 < 黙示 21:1-27 >

  • いのちの水の流れる新たな天と地< 黙示 22:1-21 >

主題 11:幕屋
  • 幕屋に明かされた罪人の救済 < 出エジプト 27:9-21 >
  • 信仰の基盤となった幕屋の建築素材 < 出エジプト 25:1-9 >
  • 幕屋の庭の入り口の色 < 出エジプト 27:9-19 >
  • 全焼のいけにえの祭壇に示された信仰 < 出エジプト 27:1-8 >
  • 洗盤に示された信仰 < 出エジプト 30:17-21 >
  • 幕屋の覆いに隠された 四つの奥義 < 出エジプト 26:1-14>
  • 聖所の垂れ幕と柱 < 出エジプト 26:31-37>
  • 幕屋の板につけられた銀の台座二個と 二つのほぞ < 出エジプト 26:15-37>
  • 至聖所に入れる人々 < 出エジプト 26:31-33>
  • 裂けた垂れ幕 < マタイの福音書 27:50-53>
  • あかしの箱に隠された霊的奥義 < 出エジプト 25:10-22>
  • 「贖いのふた」の上でささげられた罪の赦しのささげもの < 出エジプト 25:10-22>
  • 金の燭台 < 出エジプト 25:31-40>
  • 香の壇 < 出エジプト 30:1-10>
  • 供えのパンの机 < 出エジプト 37:10-16>

Copyright © 2001 - 2019The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.